錦鯉・渡辺隆に聞くVTuberの魅力「だから雅紀(まさのり)さんに惹かれたのかもしれない」…意外な着地

2021.3.20
錦鯉渡辺1

文=たまごまご 編集=アライユキコ 


『M-1』ファイナリスト・錦鯉のツッコミ、渡辺隆のVTuberトークが止まらない。インタビュー開始から2時間が経とうとしたとき、最後に相方、長谷川雅紀の名前が出てきた。

2021年12月19日追記:錦鯉は『M-1グランプリ2021』で見事優勝(おめでとうございます)。速報記事はコチラ


『ごんぎつね』ってこんな悲しい話だった?

渡辺隆(わたなべ・たかし)
1978年4月15日生まれ、東京都出身。『M-1グランプリ2021』王者の漫才コンビ・錦鯉のツッコミ担当。ソニー・ミュージックアーティスツ所属の、通称“SMA芸人”。ソニー・ミュージックアーティスツ所属のお笑いコンビが『M-1』を優勝したのは初の快挙である。相方の長谷川雅紀は、50歳にして50代初のファイナリスト及び王者となった。
渡辺は小学生のころ、ダウンタウンに衝撃を受け、芸人を志すようになる。2012年4月に渡辺から長谷川に声をかけ、錦鯉を結成。
2018年半ばから774 inc.、ホロライブ、にじさんじを中心にVTuber配信を熱心に追っている。兎田ぺこらのファンを公言。

──774 inc.はどうですか?

渡辺 ハニストとあにまーれ、あとブイアパとか。観るのはハニストが多いですかね。ハニストの方々は本当にいいですね、全員がマイペースで。時間がゆっくり進む感じしますね。

錦鯉・渡辺隆と、VTuberライター・たまごまご、すっかり意気投合
錦鯉・渡辺隆と、VTuberライター・たまごまご、すっかり意気投合

(※ブイアパ:あにまーれなどが774 inc.でのコンセプトありきのデビューなのに対して、個人活動をしていたVTuberを支援するために生まれたプロジェクト)

──あんまり攻め攻めじゃないかもしれないですね。好きなことやっている感じがします。

渡辺 そうですね、本当に全員マイペース。のどかな感じがいいですね。「VTuberって個人でやるもの」だと思っていたら、グループだったというのを彼女たちで知れたのも大きいです。

──確かにYouTuberさんやゲーム実況者さんって、基本ソロ活動ですよね。

渡辺 ユニットで歌出したりとかはありましたけど、母体が大きな箱ってほかにあんまり観なかったですね。774 inc.は堰代ミコさんのギャップを見てすごいなと思いましたね。普段ふわふわした感じでゲームもお世辞にもうまいといえないというか、それがいいんですけど。でも彼女が初めて朗読されているのを観たんですよ。それを聞いて、この人すごい!と思って。最初に観たのが『ごんぎつね』の朗読だったんです。聞いたら号泣してしまいまして。『ごんぎつね』って学校で習ったけど、こんな悲しい話だったんだって。

(※堰代ミコ:ハニスト所属の不思議ちゃん系VTuberで、しゃべり方はほわほわしている。後述の「VAKATUBER」ではとんでもなく低い点数を取ったことも。ところが朗読や歌になるとガラリと空気が変わり高い技術を披露するので、しばしばファンを驚かせている)

【1万人間記念枠】朗読してみた【堰代ミコ / ハニスト】

朗読とVTuberはめちゃくちゃマッチする


この記事の画像(全8枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

たまごまご

Written by

たまごまご

道民ライター。『ねとらぼ』『Mogura VR』などのWEBメディアや、雑誌『コンプティーク』『Vティーク』『PASH!』などで執筆中。マンガ、アニメ、VTuber、サブカルチャー中心に活動中。『仕事のマナー「気がきかない」なんて言われるのは大問題ですっ!』などなど発売中。バーチャルプラットフォーム..