【M-1 最終結果】17代目王者は錦鯉に「諦めないでよかった」

錦鯉、優勝の瞬間(C)M-1グランプリ事務局

(C)M-1グランプリ事務局 文・編集=QJWeb編集部


テレビ朝日で放送された『M-1グランプリ2021』で錦鯉が優勝。過去最多6017組の頂点に立ち、17代目の王者となった。

オズワルド、インディアンスと共に最終決戦へ

準決勝から勝ち上がった9組と、敗者復活戦1位で復活したハライチの全10組による決勝戦で、錦鯉は655点を獲得しファイナルラウンドに進出。オズワルド、インディアンスとの最終決戦では5票を集め、17代目のチャンピオンとなった。

優勝の瞬間、長谷川雅紀は涙を流し「諦めないでやってきてよかった。ラストイヤーが56歳なんですけど今年締めれてよかった」、渡辺隆は「雅紀さんとコンビ組めてよかった」とコメント。感極まりながらも、最後には笑顔を見せた。

最終決戦の審査結果

オール巨人:オズワルド
中川礼二 :錦鯉
立川志らく:錦鯉
塙宣之  :錦鯉
富澤たけし:錦鯉
松本人志 :錦鯉
上沼恵美子:インディアンス

オズワルド1票、錦鯉5票、インディアンス1票

決勝戦1stラウンドの採点結果

1位 オズワルド:665点
2位(同率)錦鯉:655点
2位(同率)インディアンス:655点
4位 ロングコートダディ:649点
5位 もも:645点
6位(同率)真空ジェシカ:638点
6位(同率)ゆにばーす:638点
8位 モグライダー:637点
9位 ハライチ(敗者復活):636点
10位 ランジャタイ:628点

『M-1グランプリ2021』の結果、1stラウンドの得点詳細はコチラ
【速報】M-1グランプリ2021

この記事の画像(全21枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

関連記事

Written by

QJWeb編集部