2020年の夏を彩った一枚、さとうもか『GLINTS』。“稀代の才能”に渋谷直角が迫る

2021.1.17

やりたいことに挑戦できた満足度の高いアルバム

渋谷 いよいよラストナンバーの「ラムネにシガレット」ですね。これはどういう曲を作ろうと思ったんですか?

さとう この曲の主人公はちょっと背伸びした感じの女の子なんです。同級生とはつるまないで、年上の人と遊んだりするけど年齢差があってついていけなかったり。いろいろ傷ついたりするけど、それでも早く大人になりたい……みたいな、そういうもどかしさを詰め込んだ曲です。

渋谷 そういう子はさとうさんのまわりに普通にいたの? 俺とかからすると岡崎京子的な世界観なんだけど。

さとう 学校ではあまりいなかったけど、学校外で出会う人は年下でもすごく大人っぽかったり、少しアウトローな雰囲気があったりする人が多かったので、そういう記憶があったかもしれないです。

渋谷 ロックバラードのような、さとうさんの中では珍しいタイプの曲ですよね。

さとう そうですね。今回のアルバムは今までやったことがなかったジャンルの音楽ができたし、好きなアーティストとのコラボもすごくおもしろかったです。バンドメンバーと一緒に作れたのも楽しかったし。歌詞に関しても、自分のことを客観視して書けたので満足しています。

渋谷 じゃあ今回のアルバムはかなり満足度が高いんですね。これからのキャリアを考えて、どういう立ち位置のアルバムになると思いますか?

さとう 仕事としてしっかり音楽をやっていくぞ!っていう決心のつくアルバムになったと思います。音楽って一番大好きな趣味みたいなテンションでもあったんですけど、どんどん聴いてくれる人が増えてきて、仕事と趣味の狭間でちょっと地に足がついていない部分もあったんです。それが今回のアルバムでちゃんと踏ん切りをつけれたんじゃないかなって思います。

渋谷 今日お話を聞いて、さとうさんからナイアガラの話題が出てきたりして、けっこう感動があったんです。『GLINTS』を聴いて、はっぴいえんどからサザン(オールスターズ)、ユニコーンにつながる流れにさとうさんも入ってきたのかもって印象を受けていたので。ジャンルに限定されず、ポップミュージックを作っていく人なんだなって。

さとう 自分の音楽を、ひとつのジャンルに限定することはしたくないとは思っています。ライブでも歌を歌うだけじゃなくて、ダンスをみんなでやってみたり、ミュージカルを挟んでみたり、そういうことをいつかやりたい。

渋谷 エンターテイナーだ。

さとう そう! それになりたいんですよね。エンタテインメントをする人間。ミュージシャンなんだけど“遊園地”みたいな感じっていうか。「1回ちょっと遊びに行ってみるか」とみんなに思ってもらえるようなライブをしていきたいです。

渋谷 そういうライブがそれなりの規模でできるようになれば、たとえば『ミュージックステーション』とかには出られなくてもいい?

さとう いや、『Mステ』には出てみたい(笑)。昔から観ていたし、お母さんを喜ばせたいです。

編集部 一番出てみたい番組ってなんですか?

さとう 『Mステ』とサーティワンのCMですね! 夢です。

渋谷 サーティワンのCMも、しつこく言ってればきっと叶いますよ。今後の想像がつかないですけど、さとうさんがどういう音楽をこれから発見していくのか、いちファンとして楽しみにしています。

リスナーさんに伝わっていないかもしれない『GLINTS』でのこだわり

『GLINTS』をリリースしてからは、前よりも自分の歌声と向き合うようになったと思います。今回のレコーディングやその練習のときにたくさんの発見がありました。今までは、“リズム”とか“力を抜く”とか“感情的に”とかざっくりとしたことを意識して歌を録ることが多かったのですが、『GLINTS』では技術と合わせて、どの曲も主人公のイメージに合わせた歌い方をしていて、声や歌のニュアンスにもほんの少しキャラを持たせることで、すごく幅が広がるなと思いました。リスナーさんにそのこだわりが伝わっているかわかりませんが……(笑)。

最近はありがたいことに、専属のラジオコーナーをふたつもさせていただいているので、ラジオにも力を入れています。アルバムを出す前と比べてDTMで曲を作る機会も増えました。

今年はコロナ禍で、アルバムツアーができなかったことがとても残念ですが、この普通じゃない一年の間にしかできないことが確かにあるので、元どおりの日々が始まるまで、この時間を大切にしていたいと思っています。

人と会う機会が減って人見知りが加速しているので、普通の日々が始まることにちょっとだけドキドキしてるのは、ここだけの話です(笑)。

2020年11月11日 さとうもか


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全4枚)


  • 12インチLP『GLINTS』&7インチレコード『melt bitter』

    2020年1月にリリースされた1stシングル『melt bitter』、8月にリリースされた3rdアルバム『GLINTS』のアナログレコードがリリースされることが決定。

    ■12インチLP『GLINTS』
    発売:2021年3月24日
    価格:3,300円(税別)
    A面:1.Glints 2.オレンジ 3.Poolside 4.愛ゆえに 5.パーマネント・マジック
    B面:1.Strawberry Milk Ships 2.あぶく 3.アイスのマンボ 4.My friend 5.ラムネにシガレット

    ■7インチレコード『melt bitter』
    発売:2021年3月24日
    価格:1,700円(税別)
    A面:1.melt biter
    B面:1.ひまわり

    関連リンク