決定「この野球マンガがすごい2020」コロナに負けるなベスト3

2020.4.4


2位『メイカン』「プロ野球選手名鑑」を巧みにフックに

『メイカン』(原作・野球漫画制作工房、作画・テリー山本/小学館 ※既刊1巻)

オグマ 2位は『メイカン』。1位同様、両者一致での選出でした。まだ1巻しか出ていないので、今からでも追いかけやすい作品。タイトルどおり、「プロ野球選手名鑑」をフックにしつつ、一軍半の捕手を主人公にするというキャラクター配置がうまい。同じく選手名鑑を題材になど、中継ぎ投手にスポットを当てて始まった『グラゼニ』(足立金太郎・森高夕次/講談社)を彷彿とさせますが、グラゼニの場合、選手名鑑の中の「年俸」に寄り過ぎだったのかな、と。

ツクイ そうですね。選手名鑑との親和性でいえば捕手目線のほうが噛み合うし、「プロフィールに書かれている愛車から性格面を分析する」といった選手名鑑の活かし方もうまいですよね。確かに以前は愛車が書いてある名鑑はあったし、家族構成まで書いてある名鑑もあった。好きなタレントとかも書いてあったなぁ。

オグマ 個人情報ダダ漏れでしたよね。

ツクイ ただ、ここから先どうするんだろう?と。名鑑ネタってそんなにないぞ、という不安点もあるなかで、うまく広がりを見せられればおもしろい、という伸び代も期待しての2位です。ちなみに、『メイカン』の作画は少し前まで『ナツカツ』を描いていたテリー山本さん。終わってから1年ちょっとで次作、ということでペースが早いですね。『ナツカツ』では生徒の数が多く、その描き分けで難点もありましたけども、今回はバッテリーに主眼を置いているので見やすいです。

オグマ 2番手・3番手という今の立場から正捕手を目指すのか、ベテラン投手専属捕手としての立場から独り立ちしていくのか……そんな展開でしょうか。ちなみに、公式サイトにおける謳い文句が「史上初の漫画家、原作者、担当者すべてが夏の甲子園優勝高校野球部出身(ただ、在学時に優勝したわけではない)」であること。そして原作者は「あの名作『ラストイニング』の原作チーム残党です」と紹介しています。

ツクイ だから、捕手目線が得意なんですよ。『ラストイニング』(原作:神尾龍、監修:加藤潔、作画:中原裕/小学館)の主人公だった鳩ヶ谷監督も捕手出身、という設定の作品でしたから。その「捕手目線」描写には間違いがないと思います。

3位『球詠』「野球×萌え」だけじゃないガチさ

『球詠』(マウンテンプクイチ/芳文社 ※既刊6巻)

ツクイ 3位は女子野球マンガから。4月からアニメ化もされる、ということで、旬な作品でもあるのかなと。

オグマ アニメ専門チャンネル「AT-X」を中心に、ABCテレビ、TOKYO MX、メ~テレ、九州朝日放送、長崎文化放送で放映と、なかなかの大展開です。

ツクイ 『まんがタイムきららフォワード』という媒体で、あの絵柄なので「野球×萌え」の作品ね、と見られがちなんですけど、実際はもっと野球ガチな、いわゆる本格的な野球マンガです。

オグマ 硬式女子野球部がバッテリーを中心に全国制覇を目指す、という。「女子」を抜けば、今や普通の高校野球マンガでは描きにくい、ど直球の熱血野球もの。でも、そこがいいですよね。その一方で、魔球もあって百合もある、という満載感も。

ツクイ 絵柄に反して、というと失礼かもしれませんが、野球フォームやプレーの描写もしっかりしています。その点は、過去の女子野球マンガとは区別したい点で、野球のひとつひとつの描写が真剣に読めます。アニメがどうブレクスルーするかで、さらに化ける可能性もあるな、と。

オグマ アニメ化に当たっても、モーションアクターとして女子プロ野球選手(埼玉アストライア)に協力を仰いでいるみたいですね。その部分でも、マンガ同様、「ガチ描写」を売りにするのかもしれないです。

ツクイ 作品の舞台は女子高校野球部ですけども、今、女子プロ野球界がチーム解散や集団退団などで混沌としているなかで、この作品から女子野球が再び盛り上がっていくといいな、と期待したいです。

次点『僕はまだ野球を知らない』少子化に切り込む

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

オグマナオト

Written by

オグマナオト

福島県出身。ライター/構成作家。『野球太郎』『週刊プレイボーイ』『昭和50年男』などでスポーツネタ、野球コラム、人物インタビューを寄稿。主な著書に『福島のおきて』『ざっくり甲子園100年100ネタ』『爆笑!感動!スポーツ伝説超百科』『甲子園レジェンドランキング』など。テレビ・ラジオのスポーツ番組で構..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太