結成1年で『紅白』出演を掴み取ったBE:FIRST。今改めて、快進撃の軌跡を振り返る

2022.11.24


チャートだけじゃない!パフォーマンスでも音楽ファンを魅了するBE:FIRST

さて、デビューから1年余りで紅白出場を果たすこととなったBE:FIRSTの話に戻ろう。2021年11月3日にデビューしてから、というよりもメンバーが決定した2021年8月のプレデビューの段階から、彼らの勢いは凄まじかった。

2021年8月16日に公開されたプレデビュー曲「Shining One」のMVは、YouTubeで公開されてからわずか2週間で1000万回再生を突破。デビュー曲「Gifted.」のMVも公開から1カ月経たずして1000万回再生を達成し、各種音楽チャートで40冠を獲得。さらに、2022年3月にデジタルリリースされた「Bye-Good-Bye」では、自身初となるストリーミングの累計再生回数1億回を突破し、『第64回 輝く!日本レコード大賞』にて優秀作品賞を受賞している。

BE:FIRST / Bye-Good-Bye -Music Video-

日に日に増していく存在感は、なにもチャートに限ったことだけではない。今年の夏には「日本3大フェス」と呼ばれる『FUJI ROCK FESTIVAL』『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』『SUMMER SONIC』に出演。そのほかにも『VIVA LA ROCK』や『MTV LIVE MATCH』、『Rolling Stone Japan LIVE 5th ANNIVERSARY SPECIAL』などで堂々たるパフォーマンスを披露し、圧倒的な実力を示していた。

その甲斐もあって、ワンマンライブのチケットは入手困難の状況がつづいている。現在行われている17都市29公演を回る全国ホールツアー『BE:FIRST 1st One Man Tour “BE:1” 2022-2023』のチケット倍率も高く、当落の発表日にはBESTY(BE:FIRSTのファンネーム)の喜びや悲しみの声がSNSに並ぶように。ステージ上のパフォーマンスでも、BE:FIRSTが多くの人々を魅了している表れといえよう。

BE:FIRST / Betrayal Game -from “Bye-Good-Bye” One-day One Man Show-

「クオリティファースト・クリエイティブファースト・アーティシズムファースト」を胸に、世界へ

飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進をつづけるBE:FIRST。ファンダムを中心とした局所的な人気から脱し、お茶の間に広く知れ渡るのも時間の問題だ。そして、その道は世界へとつづいていく。

バックストリート・ボーイズやBTSがボーイバンドとして世界で名を轟かせてきたように、BE:FIRSTも世界の第一線で活躍していくことだろう。オーディエンスにも業界にも媚びることなく、「クオリティファースト・クリエイティブファースト・アーティシズムファースト」を貫くまっすぐな姿勢は、この1年だけでも音楽やエンタテインメントを愛する人の心を一直線に打ち抜いてきたのだから。

まずは『紅白歌合戦』でのパフォーマンスを楽しみにすると共に、引きつづき彼らの信念の詰まった表現に期待したい。


この記事の画像(全6枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太