BE:FIRSTのRYUHEIが「世界は僕らを待っています」と宣言し、SKY-HIが「今日ですべてが報われた」と出会いに感謝。3万人が“新時代の目撃者”になった『BMSG FES’22』レポート

2022.9.19
『BMSG FES’22』より

文=高木“JET”晋一郎 写真=ハタサトシ


9月17日、18日に富士急ハイランド コニファーフォレストで開催された『BMSG FES’22』。SKY-HI、Novel Core、BE:FIRST、Aile The Shotaらが参加し、2日間で約3万人を動員した同イベントのオフィシャルレポートをお届けする。


BMSGフルメンバー15人が冒頭からトップギア

マルチなかたちで音楽シーンに新しい風を起こしているSKY-HI(日高光啓)。その彼は、世界を、そしてエンタテインメントをコロナ禍が襲った2020年9月に、「才能を殺さないために」マネジメント/レーベル会社「BMSG」を立ち上げた。そして「世界で活躍するボーイズグループ」を発掘するため、私財を投じてオーディション『THE FIRST BOYS GROUP AUDITION 2021』を開催。そのサバイバルの中から、7人組ダンス&ボーカルグループ「BE:FIRST」(SOTA、SHUNTO、MANATO、RYUHEI、JUNON、RYOKI、LEO)が2021年8月に誕生し、その実力の高さとたゆまぬ努力によって、ボーイズダンス&ボーカルシーンの中で中心的な存在となっている。

また、オーディションの中で音楽的才能を見い出されたAile The Shota、edhiii boi、トレーニーとして研鑽を積むRAN、REIKO、RUI、TAIKI。そしてBMSGの立ち上げ時からレーベルに所属し、キャリアを重ねるラッパーのNovel Core。

その総勢15人によって構成されるBMSGのメンバーが集結した、レーベル開設から2周年を記念した主催野外フェス『BMSG FES’22』が、9月17日と18日の2日間にわたり、山梨県「富士急ハイランド コニファーフォレスト」にて開催された。本稿ではその1日目を中心にレポートする。

「新章突入」というこのイベントのキーワードや、「これは全て、今後への壮大な前振りにすぎません」というSKY-HIの言葉など、BMSGの大きな節目となることを予感させる『BMSG FES’22』。そのイベントを目撃しようと、日本全国から2日間で約3万人のオーディエンスがコニファーフォレストに集い、その物語の展開に注目する。またスタート前のアナウンスでは「このイベントは3時間を超えます」と発表され、会場からは驚きと期待の拍手が起こる。

そして和太鼓のSEが流れ、それに合わせて起こる観客の手拍子に導かれるように、スクリーンには和を基調にしたビジュアルで撮影された15人のメンバーの映像が映写され、さらにその手拍子の音は大きくなっていく。

そしてライブはBE:FIRST「Brave Generation」からスタート。BE:FIRSTがZOZOマリンスタジアムにて、初めて有観客の前でステージに立った『SUPERSONIC 2021』から1年を迎える日に行われるこのフェス。そこでのBE:FIRSTは、この1年で高めつづけてきたパフォーマンス能力を全解放するような気迫のこもったステージを最初から見せ、観客にその成長を提示する。

そのままNovel Core、Aile The Shota、edhiii boi、RAN、REIKO、RUI、TAIKI、そしてSKY-HIがステージに登場し、BMSGフルメンバー15人での「Brave Generation -BMSG United Remix-」で、ライブのテンションは冒頭からトップギアに。客席内を走るトレーラーにメンバー全員が乗り込み、観客により近いかたちで披露された「Snatchaway」の「こんなイケてるチームなんざ他にない」という言葉や、「ナナイロホリデー」の「歓びにあふれてる」という歌詞は、BMSGメンバーの、そして会場にいるすべてのリスナーの感情を代弁しただろう。

RAN
RAN

Show Minor Savageが新曲を披露

ライブのメインアクトはNovel Coreに移り、「JUST NOISE」や「BABEL」をソロで披露。現在21歳ながら、ティーンエイジャーのころから作品をリリースし、BMSGに移籍してからは『A GREAT FOOL』、そして今年8月には『No Pressure』とコンスタントなリリースをつづけ、その才能を開花させている彼らしい、タイトかつエネルギッシュなライブで観客を沸かせる。そして「まだ前半戦だろ! 踊れるかい!? ここで大親友を呼び込もう!」という言葉で呼び込まれたAile The Shotaと共に「HAPPY TEARS feat. Aile The Shota」をステージの張り出しでふたりでエモーショナルに歌い上げ、そのコンビネーションのよさをリスナーに届けた。

Novel Core
Novel Core

その空気を切り裂くように、15歳にしてハードなラップを聴かせるedhiii boi、そして密度の濃いラップが印象的なSOTA(BE:FIRST)が登場し「118」。Novel Coreも細かくフロウしていくラップをビートに刻み、3人のラップがスパークするようなパフォーマンスを見せる。そのままedhiii boiがステージに残り、TAIKI、RUIが登場し、BMSGの15歳チームで「Anytime, Anywhere」「Nightmare」を披露。この日を「夏の集大成じゃん!」と振り返る、SKY-HIのツアーにも帯同した3人は、軽やかさとハードさの両面を表現したライブで、チームのこの先を十二分に期待させた。

(左から)RUI、edhiii boi、TAIKI
(左から)RUI、edhiii boi、TAIKI

3人がステージを降りると、ランウェイには『THE FIRST』の最終審査「クリエイティブNEO」でSOTA(BE:FIRST)、MANATO(BE:FIRST)、Aile The Shotaが結成したユニット「Show Minor Savage」が登場。「No Cap Navy」に加え、新曲となる「Thinkin’ bout you」をパフォーマンスし、特に『THE FIRST』オーディションから追いかけているファンを大いに喜ばせた。

そのままAile The Shotaがメインとなるライブパートへ移行し、「常懐」や「Like This」などを丁寧に歌い上げ、その甘やかな歌声でオーディエンスを魅了。「俺にとってBMSG、そして仲間は誇りです。そんな存在、居場所を新しい次のステージに連れて行くのは俺です。今に見ておいてください」という力強いメッセージから、「IMA」や「AURORA TOKIO」に展開し、その言葉を証明するようなアーティストとしてのポテンシャルを、パフォーマンスとしてかたちにした。

Aile The Shota
Aile The Shota

“新章突入”圧巻のパフォーマンスを見せたBE:FIRST

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全24枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太