予備知識ゼロの『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』レビュー。日本人の本能が『鬼滅』を求めていた

2021.1.11


大切なのは自虐ではなく反省

そして、ここから先が最も重要である。

本作には、大きく言ってふたりの鬼が現れ、主人公たちの前に立ちはだかる。なかなか強い鬼と、とてつもなく強い鬼である。なかなか強い鬼は、主人公たちに倒されたあと、反省しながら、息絶えていく。

極度の恐怖に陥ると眠りに落ち、常時とは別人のような強さを発揮する我妻善逸 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

あいつは強かった。あいつも強かった。迂闊だった。自分は、ここが甘かった。ここで油断した。ああ、なんてことだ……反省しながら、死んでいく。こんな悪役の幕切れは初めてだ。主人公以上に魅力的な悪役ならいくらでもいる。美学に殉じ、堂々と倒されていく、カッコいい悪役もずいぶん見た。悪役には悪役の言い分があり、彼らにとっての正義も存在していることを、私たちは知っている。だから、ハンを押すように悪役を否定したりはしない。

しかし、呪詛を撒き散らすのではなく、ひとり孤独に黙々と反省しながら消えていくこの鬼のなんと情けないことか! そして、なんと愛らしいことか! うっかり親近感すら抱きそうになるくらい、憎めない死に様だ。

そして、はっきり想う。今、大切なのは、自虐ではなく、反省なのだと。

考えてみると、もはや現代においてはギャグどころか挨拶程度のものと化している自虐には「他者」が存在していない。自分という内的宇宙の中で、ただ自閉し、自分で自分をいじめることに開き直っているだけだ。「どうせ自分は」を芸風とし、キャラにしているだけ。だから、自虐には発展性がない。

しかし、反省は違う。反省には常に「他者」が介在する。自分ではない第三者との関わり合いを通して、初めて反省するという行為は生まれる。自虐が時に単なる自己愛でしかないのと対照的に、反省には俯瞰があり、切実さも立体的だ。

あの悪役の末路は、ちっとも自虐的ではなかった。

あのとき、ああしておけばよかったなぁ……そんな負け犬の遠吠えも、どこかユーモラスで、清々しささえあった。この余韻は、とにかく新鮮で、意外ではあるが、この要素も、私たちの精神をどこか「清める」作用があったように想う。

鬼殺隊の中でも最高位である”柱”のひとり煉?獄杏寿郎 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

そして、とてつもなく強い鬼と、主人公の師匠筋に当たる青年との闘い。

鬼は、青年の剣の強さを見込み、人間を辞めて鬼になれ、とスカウトする。その誘いをきっぱり断る青年。両者の対話は、闘いの最中に行われる。銃による決闘は一瞬でカタがつくが、刃と刃の闘いは、対話をしながら行うことが可能。アクションと対話が融合したエモーションが語りかけてくるものは、立場の異なる者同士が、互いを罵倒するのではなく、自分自身のものの考え方、価値観を、押しつけず、毅然とプレゼンテーションすることの美しさだ。

罵倒と袋叩きが吹き荒れる地獄であることを知りながら、それでもSNSから離れられず、ついつい傷ついてしまいがちな甘っちょろい私たちには、反省する鬼、対話する鬼の姿もまた、「清める」に相当するのだということ。

もちろん、青年の素晴らしくふくよかな魅力あってのことながら、その一歩先に、新しさがあった。

鬼になったしまったものの兄・炭治郎と共に鬼と闘う竈門禰豆子 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

最後に。「全集中の呼吸」はあまりにも有名だが、「鬼はにおう」とする基本設定からも大いなるシンクロニシティを受け取ることができる。息を吸うことも、嗅ぐことも、マスクによって制限するしかないのが、私たちが生きているコロナ以後の世界だ。

口も鼻も覆ったままでいると、確実に勘は衰える。だから、『鬼滅の刃』は、肩代わりしてくれている。

呼吸。そして、匂い。

『鬼滅の刃』は、報われぬ私たちを、どこまでもガードし、導く、「御守り」のような存在なのだ。


 


この記事の画像(全6枚)



  • 映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』

    絶賛公開中
    原作:吾峠呼世晴(集英社ジャンプ コミックス刊)
    監督:外崎春雄 
    キャラクターデザイン・総作画監督:松島晃 
    脚本制作:ufotable
    主題歌:LiSA「炎」(SACRA MUSIC)
    アニメーション制作:ufotable
    配給:東宝・アニプレックス
    【キャスト】
    竈門炭治郎(かまど・たんじろう):花江夏樹
    竈門禰豆子(かまど・ねずこ):鬼頭明里
    我妻善逸(あがつま・ぜんいつ):下野紘
    嘴平伊之助(はしびら・いのすけ):松岡禎丞
    煉?獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう):日野聡
    魘夢(下弦の壱)(えんむ・かげんのいち):平川大輔
    (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

    関連リンク


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

相田冬二

Written by

相田冬二

(あいだ・とうじ)ライター、ノベライザー、映画批評家。2020年4月30日、Zoomトークイベント『相田冬二、映画×俳優を語る。』をスタート。国内の稀有な演じ手を毎回ひとりずつ取り上げ、縦横無尽に語っている。ジャズ的な即興による言葉のセッションは6時間以上に及ぶことも。2020年10月、著作『舞台上..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。