QJWeb公式ツイッター RT数ベスト5記事を紹介!<今週のおすすめ記事・拡大版>12/25~1/7

2021.1.9
1225-0107 おすすめ

編集=谷地森 創


QJWeb公式ツイッターのRT数上位記事をランキング形式で紹介。最新のインタビュー、タイムリーで熱量の高いコラムなど、必見のカルチャー情報を一気にチェック! 今週は、年末年始を含めた2週分の特大版でお届け。


今週のおすすめ記事

1位:「大丈夫!君は君のままで、きっとうまくいく」サンリオ初の男子キャラユニット「はぴだんぶい」の目指すもの

「ハッピーになりたい男子たち、V字回復をねらう」というコンセプトで、昨年デビューしたサンリオ初の男のコによるキャラクターユニット「はぴだんぶい」。サンリオを代表する男のコたちが、2020年に再び表舞台に打って出ることになった理由とは──。「はぴだんぶい」の企画立ち上げを担当したマーケティング本部の飯塚優芽さんにインタビュー。

2位:次世代ボーイズグループ「OWV」が語る、男の“色気”。本質的なセクシーさをまとい、次のステージへ

OWVは2021年1月20日に2ndシングル『Ready Set Go』をリリースする。それに先立ち、1st写真集『Asphalt』も発売中だ。ふたつの作品の共通するコンセプトである“色気“について、OWVの4人が思うこととは──。

3位:加藤シゲアキ全作品を読む。直木賞候補作『オルタネート』に至る挑戦は、小説への愛そのものだ

NEWS加藤シゲアキの『オルタネート』が直木賞候補となり、話題となっている。デビュー作から注目してきた書評家・杉江松恋が断言する作家・加藤シゲアキの真価。そして、「直木賞候補作『オルタネート』の企み」とは。

4位:JO1、激動の一年を締め括る「正直、つらいことのほうが多かった…」一生に一度の“1stライブ”に秘められた思い

昨年、12月19日に行われた、彼らの初となったオンライン単独ライブ『JO1 1st Live Streaming Concert「STARLIGHT」』のレポート。2020年3月に『PROTOSTAR』で華々しくデビューを飾った11人組ボーイズグループ「JO1」。しかし、1stライブに至るまでの道のりは、決して平坦なものではなかったようだ。

5位:水溜りボンド・トミー<友達ってなんだろう?>シカトされたあの日から学んだこと

『クイック・ジャパン』では、トミーが自ら執筆するコラム「日常が水溜りボンド」を連載中。最新号となるvol.153に掲載された「友達の定義」と「シカトされた過去の経験」を明かしたコラムを、『QJWeb』で特別公開! 

水溜りボンドのふたりがバックカバーを飾り、自分たちの活動や視聴者への率直な思いを語るインタビューも掲載された『クイック・ジャパン』vol.153、購入はコチラから?


QJWeb今までの人気記事まとめはこちら!?

来週もお楽しみに!


この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太