JO1、激動の一年を締め括る「正直、つらいことのほうが多かった…」一生に一度の“1stライブ”に秘められた思い

2020.12.29

(c)LAPONE ENTERTAINMENT
文=坂井彩花 編集=森田真規


2020年3月に『PROTOSTAR』で華々しくデビューを飾り、今やメンバーの誰かをテレビで目にしない日はないくらいの活躍ぶりを見せている11人組ボーイズグループ「JO1」。

12月19日に行われた、彼らの初となったオンライン単独ライブ『JO1 1st Live Streaming Concert「STARLIGHT」』のレポートをお届けします。

まっすぐに己と向き合ってきた11人の記録

──正直、つらいことのほうが多かった。

大平祥生が肩を震わせながら語ったのは、12月19日に開催された『JO1 1st Live Streaming Concert「STARLIGHT」』での一幕。安心し切っているからこそポロッとこぼれ落ちたと思われる言の葉は、彼らが超えてきた一年の壮絶さを想像させるにはじゅうぶんだった。数カ月にわたるオーディションを勝ち抜いたかと思えば、休む間もなく韓国での特訓が行われ、パフォーマンスを披露しようにも立ちはだかるコロナの壁、ありがたいと思いつつもスケジュールを圧迫する取材の数々。

もちろん、その努力が報われなかったわけではない。オリコンランキングやビルボードチャートでは1位を獲得し、「2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」では「Best New Asian Artist」を受賞。最善ではない状況下ながらも、最高の結果を次々と更新していく。しかし、コロナ前に行われたファンミーティング以降、直接JAM(JO1ファンの呼称)と会うことは叶わなかった。それでもなお、先ほどの言葉に大平はこうつづけたのである。

──だけど、こうやってがんばれているのはJAMの皆さんとメンバーのおかげです。

自分たちのパフォーマンスを目にして、瞳をキラキラさせるオーディエンスを直接見ることはできない。だけど彼らは、チャートの数字の奥にたくさんの人を感じ、SNSなどを通してJAMの姿を視てきたのだ。だからこそ、先の見えないこの1年間をJO1は走り抜いてこられたのである。『JO1 1st Live Streaming Concert「STARLIGHT」』は腐ることなく、妥協することなく、まっすぐに己と向き合ってきた11人の記録になるような一夜だった。

JO1の成長が見て取れるライブパフォーマンス


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全13枚)


ライター_坂井彩花

ARTICLE LIST

坂井彩花さんの関連記事一覧

坂井彩花さんの
新着・人気記事をお知らせします。