JO1、激動の一年を締め括る「正直、つらいことのほうが多かった…」一生に一度の“1stライブ”に秘められた思い

2020.12.29

(c)LAPONE ENTERTAINMENT
文=坂井彩花 編集=森田真規


2020年3月に『PROTOSTAR』で華々しくデビューを飾り、今やメンバーの誰かをテレビで目にしない日はないくらいの活躍ぶりを見せている11人組ボーイズグループ「JO1」。

12月19日に行われた、彼らの初となったオンライン単独ライブ『JO1 1st Live Streaming Concert「STARLIGHT」』のレポートをお届けします。


まっすぐに己と向き合ってきた11人の記録

──正直、つらいことのほうが多かった。

大平祥生が肩を震わせながら語ったのは、12月19日に開催された『JO1 1st Live Streaming Concert「STARLIGHT」』での一幕。安心し切っているからこそポロッとこぼれ落ちたと思われる言の葉は、彼らが超えてきた一年の壮絶さを想像させるにはじゅうぶんだった。数カ月にわたるオーディションを勝ち抜いたかと思えば、休む間もなく韓国での特訓が行われ、パフォーマンスを披露しようにも立ちはだかるコロナの壁、ありがたいと思いつつもスケジュールを圧迫する取材の数々。

もちろん、その努力が報われなかったわけではない。オリコンランキングやビルボードチャートでは1位を獲得し、「2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」では「Best New Asian Artist」を受賞。最善ではない状況下ながらも、最高の結果を次々と更新していく。しかし、コロナ前に行われたファンミーティング以降、直接JAM(JO1ファンの呼称)と会うことは叶わなかった。それでもなお、先ほどの言葉に大平はこうつづけたのである。

──だけど、こうやってがんばれているのはJAMの皆さんとメンバーのおかげです。

自分たちのパフォーマンスを目にして、瞳をキラキラさせるオーディエンスを直接見ることはできない。だけど彼らは、チャートの数字の奥にたくさんの人を感じ、SNSなどを通してJAMの姿を視てきたのだ。だからこそ、先の見えないこの1年間をJO1は走り抜いてこられたのである。『JO1 1st Live Streaming Concert「STARLIGHT」』は腐ることなく、妥協することなく、まっすぐに己と向き合ってきた11人の記録になるような一夜だった。

JO1の成長が見て取れるライブパフォーマンス

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全13枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太