加藤シゲアキ全作品を読む。直木賞候補作『オルタネート』に至る挑戦は、小説への愛そのものだ

2020.12.25
加藤シゲアキ全作品

文=杉江松恋 編集=アライユキコ 


2020年12月18日、第164回芥川賞・直木賞候補作発表、NEWS加藤シゲアキの『オルタネート』が直木賞候補となり、話題になっている(選考会は2021年1月20日)。デビュー作から注目してきた書評家・杉江松恋が断言する作家・加藤シゲアキの真価。


停滞した時期が少しもない作家

加藤シゲアキは応援しがいのある作家だ。
最新作『オルタネート』(新潮社)が第164回直木賞にノミネートされたからそう言うわけではない。文学賞の候補になるのは名誉なことだし、そうしたかたちで作品が評価されるのは大変に喜ばしい。だが、2012年の作家デビューからこんにちに至るまで、こつこつと新作を発表しつづけ、停滞した時期が少しもないという事実のほうが、ファンにとってはもっとうれしいはずだ。専業作家ではないのに、その熱意には頭が下がる。
小説からは、加藤が楽しんで執筆をつづけていることが伝わってくる。書き手としての挑戦課題が各作品で明確に設定されており、それをこなしながら少しずつ技量が上がっているのがわかる。だからこそ読み手は応援したい気持ちになるのである。

加藤シゲアキ表紙『AERA 2020年 3/9号』朝日新聞出版
加藤シゲアキ表紙『AERA 2020年 3/9号』朝日新聞出版

ファンの多くは、『オルタネート』を最も身近な小説として受け止めたのではないかと思う。本作の舞台となるのは、東京都内にあると思われる円明学園高校だ。そこに通っているのは、今しかできない恋愛や、スマートフォンに入れたアプリのほうが進路なんかよりも気になる、つまりはごく普通の高校生である。それぞれに秀でた部分があったり、他人とは共有するのが難しいこだわりを抱えていたりもするが、みな10代なりの身の丈で、飛び抜けて変わっている者はいない。等身大の少年少女が現在を生きるさまを描く。それこそが、加藤が『オルタネート』で目指したことなのである。かなりの数の読者が、登場人物の誰かに自分自身の姿を重ね合わせたはずだ。

直木賞候補作『オルタネート』の企み

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全10枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

杉江松恋

Written by

杉江松恋

(すぎえ・まつこい)ライター、書評家。『週刊新潮』などのほか、WEB媒体でも書評連載多数。落語・講談・浪曲などの演芸にも強い関心がある。主要な著書に、『読みだしたら止まらない! 海外ミステリー マストリード100』『路地裏の迷宮踏査』、体験をもとに書いたルポ『ある日うっかりPTA』など。演芸関係では..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太