杉江松恋

杉江松恋

(すぎえ・まつこい)ライター、書評家。『週刊新潮』などのほか、WEB媒体でも書評連載多数。落語・講談・浪曲などの演芸にも強い関心がある。主要な著書に、『読みだしたら止まらない! 海外ミステリー マストリード100』『路地裏の迷宮踏査』、体験をもとに書いたルポ『ある日うっかりPTA』など。演芸関係では『絶滅危惧職、講談師を生きる』(神田伯山との共著)『桃月庵白酒と落語十三夜』(桃月庵白酒との共著)などがある。趣味は街道歩きで東京から京都まで歩いた『東海道でしょう!』(藤田香織との共著)も。

ARTICLE LIST

杉江松恋の関連記事一覧

杉江松恋さんの
新着・人気記事をお知らせします。