QJWeb公式ツイッター RT数ベスト5記事を紹介!<今週のおすすめ記事>12/18~12/24

2020.12.26
1226今週のおすすめ記事

編集=谷地森 創


QJWeb公式ツイッターのRT数上位記事をランキング形式で紹介。最新のインタビュー、タイムリーで熱量の高いコラムなど、必見のカルチャー情報を一気にチェック!


今週のおすすめ記事

1位:のんが語る、表現者として目指す高み 「無敵な気分」と「自分への落胆」が同居する日々

全国で公開中の映画『私をくいとめて』で主役を演じるのんの表現の深部に迫るインタビュー。「ポジティブな怒りは、すごく大事にしています。自分の原動力になるんで」。さまざまな境遇を乗り越えてきたのんの言葉には、並大抵ではない強さとしなやかさがある。

2位:『M-1グランプリ』漫才の“無限の可能性”を魅せたマヂカルラブリー、『敗者復活戦』を「国民最低〜!」で盛り上げたランジャタイ(てれびのスキマ)

『M-1グランプリ2020』敗者復活戦、決勝戦翌日の「【連載】きのうのテレビ」。激戦の『M-1』を、優勝者だけでなく、思うように点数が伸びなかったコンビも含め、すべての漫才師たちに愛を持って振り返る。「こんなにも漫才は自由で幅広く多様なものなのかと、改めてその可能性の無限さを感じさせてくれた大会だった」。

3位:「M-1は今年で終わらせる」ニューヨークが語る<賞レース>と<長い青春>(『クイック・ジャパン』vol.153未公開インタビュー)

現在発売中の『クイック・ジャパン』vol.153から、ニューヨークインタビューの未公開部分をQJWebでお届け! 誌面と合わせて読むことで、より深くニューヨークを知ることができる。

そんな153号ではストロングスタイルのお笑い番組『有吉の壁』を表紙で特集! ぜひお買い求めください。

4位:稲田俊輔『だいたい15分! 本格インドカレー』のレシピを作ってみてわかった 鯖缶カレーの驚きの味わい深さ

『南インド料理店総料理長が教える だいたい15分! 本格インドカレー』は、家庭で手軽に本格インドカレーを作れるように編まれたレシピ集だ。ライターの辻本力が、本書のレシピを何品も実際に作って、そのお手軽さと本格的な味わいをたくさんの写真と共に徹底レビュー。読めばカレーを作りたくなる⁉

QJWeb公式ツイッターでは、現在『南インド料理店総料理長が教える だいたい15分! 本格インドカレー』のプレゼントキャンペーンを実施中。詳細は以下ツイートをご覧ください?

5位:R-1優勝より前に野田クリスタルが活躍したもうひとつの賞レース

『M-1グランプリ2020』で接戦を制し優勝を果たしたマヂカルラブリー。今回の優勝を受けて、『勇者ああああ』演出・プロデューサーである板川侑右氏による連載のマヂカルラブリー・野田クリスタル『R-1ぐらんぷり2020』優勝時の回に、再び大きな注目が集まった。こちらの記事では「野田ゲームショウ2019」の模様と野田の天才エピソードが語られる。


QJWeb今までの人気記事まとめはこちら!?

来週もお楽しみに!


この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太