QJWeb公式ツイッター RT数ベスト5記事を紹介!<今週のおすすめ記事>11/20~11/26

2020.11.28
1128今週のおすすめ記事

編集=谷地森 創


QJWeb公式ツイッターのRT数上位記事をランキング形式で紹介。QJWebでしか読めないインタビュー、タイムリーで熱量の高いコラムなど、必見のカルチャー情報が一気にチェックできます。


今週のおすすめ記事

1位:SKY-HIが今、新会社とボーイズグループを作る理由。大切なのは未来へバトンをつなぐこと

自身がCEOを務める会社「BMSG」を立ち上げ、現在、2021年デビューのボーイズグループのオーディション『BMSG Audition 2021-THE FIRST-』を主催するSKY-HIさん。K-POPが世界的に評価を受ける昨今、どうして日本の音楽はそうならなかったのか、そのことに真剣に向き合い、新しいことを始めていこうとする彼の思い、未来を見据える視線の鋭さが伝わってくるロングインタビューです。

2位:King Gnu井口理と新鋭・内山拓也が語る“つづける”ということ。「ひたすら向き合う」その先に見えてくる風景

映画『佐々木、イン、マイマイン』監督内山拓也と、俳優として出演しているKing Gnuの井口理の対談です。人生について「最近、ちょっと悟り始めた」という井口さんの語り口など、独特で魅力的な空気が感じられます。映画『佐々木、イン、マイマイン』は11月27日より全国公開中。

読者のみなさまへのメッセージ動画も公開中?

3位:ヒャダイン×PandaBoY『D4DJ』での共作から考える “DJ文化とオタク文化の共通点”

“アニソン×DJ”という新しいかけ合わせに着目し、ライブやアニメ、ゲームなどメディアミックス展開を遂げる『D4DJ』。アニソン界の大物クリエイターふたりが、その制作過程とサウンドの魅力を語り合いました。本対談は『クイック・ジャパン別冊 おそ松さん』に掲載された記事をウェブ用に再構成したもの。まだ本誌を読んでない方は要チェック!?

4位:拝啓、クリープハイプに伝えなくちゃいけない言葉を書き留めてく 〜大ファンが夢を叶えた話〜(パーパー・ほしのディスコ)

パーパー・ほしのディスコがクリープハイプへの思いを綴ったエッセイがランクイン。「ファン、ゴールしちゃう事件」を経ても、ほしのさんのクリープハイプへの思いが失われることはけっしてないのだろう、ということが伝わってくる熱量と愛にあふれるエッセイでした。

5位:甲本ヒロトが静かに語る音楽と生き様「最近は歌詞を追いすぎてる」「遠くのものは見えなくてもいい」(てれびのスキマ)

毎日連載「きのうのテレビ」11月22日の回。特に『まつもtoなかい』のレポートに、大きな反響が集まりました。超豪華ゲストの対談番組として放送前から話題だったこの番組、内容はぜひ記事をご覧ください。


QJWeb今までの人気記事まとめはこちら!?

来週もお楽しみに!


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太