新生『赤鬼』に野田秀樹が託したもの。対話が欠如した世界で描かれる“私たちの日常”

2020.8.1


対話が欠如した現代に上演される『赤鬼』

本作に見られるテーマは、非常にタイムリーなものと思えるが、野田曰く、そもそもコロナ禍にかかわらず『赤鬼』を上演する予定であったらしい。確かに、偏見や差別というものは、常に私たちの生活の周縁に蔓延しているものだ。

現在のコロナ禍でも、ひとたびウワサが立てばそれに尾ひれがついて伝播し、私たちはここ数カ月、電波を介した言葉の怖さに右往左往している。そして同時に、コンプライアンスの厳しさもあって、安易な発言は慎まなければならない世の中にもなっている。たとえば、ある関係性によっては通じる冗談でも、周囲の環境や、受け手の心理状態によっては危険な言葉と化すことがある。ではそこで自粛し、発されなかった言葉はどこへ向かうのか。それは発信者の中で姿を変えて、宛先が曖昧なまま、ネット上をさまよっていたりする。その結果、誹謗中傷などが横行しているのではないだろうか。

『赤鬼』作・演出:野田秀樹/2020年/東京芸術劇場シアターイースト/Aチーム/撮影:篠山紀信

本作において、得体の知れない赤鬼との「対話」を試みる、“あの女”に対する村人たちの反応は、私たちの社会において「自粛警察」というカタチで姿を現したように思う。ネガティブな意味での「連帯」は、村八分というものさえ生み出しかねない。目に見えないコロナと、匿名だろうが実名だろうがそこには実体のない、目に見えない者によるSNS上での言葉に怯える私たち。

他者のある一面を見ただけで、理解することなどできはしない。そこには、やはり「対話」が必要である。対話をしようとする姿勢が必要なのである。SNS上で声を上げることも重要だが、そこに対話は生まれていないのではないか。他人の独り言(ツイート)を耳に(目に)しただけで、コミュニケートできるわけがない。村人(差別者)は私たちであり、同時に、赤鬼(被差別者)もまた私たちである。「対話」が重要な現代において、今こそ本作は大きな意味を持っている。


この記事の画像(全7枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

折田侑駿

(おりた・ゆうしゅん)文筆家。1990年生まれ。主な守備範囲は、映画、演劇、俳優、文学、服飾、酒場など。映画の劇場パンフレットなどに多数寄稿。映画トーク番組『活弁シネマ倶楽部』ではMCを務めている。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。