Netflix『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』を観るべき4つの理由

2020.6.28
Netflixオリジナルシリーズ『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』独占配信中

「ジョーダンはあの時点ですでに伝説だった。並ぶのはベーブ・ルースか、モハメド・アリしかいない」

今春、Netflixで配信された『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』(以下、『ラストダンス』)。「バスケの神様」と呼ばれたマイケル・ジョーダン擁するシカゴ・ブルズが最後にNBAを制した1997-98シーズンを軸に描かれたスポーツドキュメンタリー。世界中にバスケブームと「スポーツのエンタメ化・ファッション化」を呼んだ90年代について、ジョーダンら当時の選手や関係者たちの証言、当時の試合映像、オフショットや未公開映像などをもとに、全10話・500分超のボリュームで構成されている。
98年の2度目の引退劇から22年。最後の引退(ジョーダンは3度引退している)から17年の歳月を経て、なぜ今でもジョーダンは求められるのか? スポーツライター・オグマナオトが4つの視点から考察する。

『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』
今年57歳になった「バスケットボールの神様」マイケル・ジョーダン。Netflixオリジナルシリーズ『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』独占配信中

1.コロナ禍でバスケに飢えていたスポーツファンを刺激

『ラストダンス』が配信されたのは4月20日〜5月18日。本来であればNBAがファイナル進出をかけたプレーオフで最も盛り上がる時期だ。

だが、コロナの影響でスポーツが消えた2020年上半期。当然のようにNBAもシーズンは中断となり、6月になって「8月からの再開」が発表されたばかり。

そんな空白期間に、NBA史の中でも重要な97-98シーズンのプレーオフを追体験できる……バスケに、スポーツに飢えていたファンにとって、こんなありがたい機会はない。

実際、アメリカ国内(※アメリカではNetflixではなく、スポーツ専門局ESPNの配信)では第1話の平均視聴者が630万人。2004年以降のESPNオリジナルコンテンツで最も視聴された番組となった。

また、10話それぞれにもテーマを設定。第2話では“最強のNo.2”スコッティ・ピッペン、第3話では“最凶の悪童”デニス・ロッドマン、第4話では“最高の名将”フィル・ジャクソン、といった具合に、ジョーダンと最強ブルズとの関わりを持った人物や話題をひとつずつピックアップし、最後の第9・10話でファイナルへと向かう。

当時を知らない世代であっても、話数を経るごとにブルズやNBAへの知識と愛情が深まっていくはずだ。

『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』
名将フィル・ジャクソンなど、ブルズ黄金期を知るメンバーの今の姿も。Netflixオリジナルシリーズ『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』独占配信中

2.コービー・ブライアントを偲びつつ

今年、コロナ報道以外で世界的に大きく報じられたスポーツニュースといえば、1月に起きた元NBAのスーパースター、コービー・ブライアントの墜落死だ。

優勝5回、得点王2回など、さまざまな偉業を残したレジェンドとの突然の別れ。その衝撃を受けてか、『ラストダンス』でも第5話は“コービーに捧げる回”として構成されている。ブルズ以外の選手では破格の扱い。これもまた、『ラストダンス』が今こそ観るべき作品と言いたくなる点だ。

98年のコービーといえば、史上最年少(19歳5カ月)でのNBAオールスター出場を果たし、スターへの階段を登り始めた時期。「ネクスト・ジョーダン」と呼ばれた男が本物のジョーダンと最高の舞台でマッチアップする映像も収められている。

「俺が5回の優勝をできたのは(ジョーダンら先人が)優れたアドバイスで導いてくれたからだ」という生前のコービーのコメントもまた味わい深い。

なお、第5話の本当のテーマは、「92年・初代ドリームチームとジョーダンの経済効果」について。

「ドリームチーム」といえば、92年のバルセロナ五輪以降もたびたび結成。ただ、ジョーダンが参加した「初代」の輝きが眩し過ぎた結果、以降のチームは注目度でも強さの面でも右肩下がり。2004年アテネ五輪ではまさかの銅メダルに終わってしまう。

そんなアメリカ代表の威信を復活させたのが2007年から2012年にかけて代表入りし、金メダルをもたらしたコービー・ブライアントだ。ふたりに共通するのは、病的なまでに負けず嫌いで、勝利のためにはどんな犠牲も厭わないこと。

ドリームチーム特集回にそんなコービーのエピソードを挿入することで、真のスター同士に受け継がれた「技術以上の何か」を描こうとしたのではないだろうか。

バスケとスポーツビジネスを変えた「初代ドリームチーム」。Netflixオリジナルシリーズ『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』独占配信中

3.アフリカ系アメリカ人のスターとして

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全7枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

オグマナオト

Written by

オグマナオト

福島県出身。ライター/構成作家。『野球太郎』『週刊プレイボーイ』『昭和50年男』などでスポーツネタ、野球コラム、人物インタビューを寄稿。主な著書に『福島のおきて』『ざっくり甲子園100年100ネタ』『爆笑!感動!スポーツ伝説超百科』『甲子園レジェンドランキング』など。テレビ・ラジオのスポーツ番組で構..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太