ぺこぱ独占インタビュー【後編】優しいからではない。受け入れるツッコミの原点

2020.2.6


これまでの試行錯誤が走馬灯のように

──それにしても、M-1モードになってネタ作りに打ち込んで、それで実際にM-1のファイナリストになって、しかも3位になって爪痕を残しまくったのは本当にすごいことですよね。

シュウペイ 「これで今年もM-1落ちたら、来年も本当になんもないんだろうな」ってめちゃくちゃ不安ではあったんですよ。僕らも30代に入って年齢的なものもありますし、M-1目指してネタ作りはがんばってたけど、相方は葬儀屋のバイトでメンタル相当やられてたんで、落ちたらコンビ解散まであるかもなって。

松陰寺 葬儀という悲しみの最前線にいたんで……。棺桶を運んだあと、ライブに行って「はいどうも〜」ってやるわけですから。わけがわからなかったですね。

シュウペイ あと、ネタ的に今年落ちたら来年はかなりキツくなるって話もしてたよね。

松陰寺 システムの物珍しさが売りだったので、手の内がバレるとインパクトが薄くなるじゃないですか。準決勝で敗退すると敗者復活でネタを見せるわけで、それもキツい。決勝に行くなら今年しかないって思いはありました。

シュウペイ 僕はサッカーも途中で辞めてしまったし、これまで何かひとつを成し遂げたことってなかったんですよ。同級生は仕事で出世して家買ったり結婚したり、それこそサッカーで日本代表になったりしてるのに、こっちは居酒屋のバイトで千切りだけがうまくなるばかりで(笑)。だから今年はまわりに「絶対にM-1決勝行く」って宣言して自分にプレッシャーをかけて、気持ちを高く保つことを意識してました。

松陰寺 ネタ合わせしようって言ってるのにアプリのゲームやってたじゃねえか!

シュウペイ それは、クリアしてからやろうってことじゃん(笑)。

ぺこぱ独占インタビュー【後編】優しいからではない。受け入れるツッコミの原点
走るぺこぱ

──それでも宣言通り決勝に進みました。

松陰寺 決勝戦の前に師匠のTAIGAさんと3人で飲みに行ったんですよ。TAIGAさんも「R-1ぐらんぷり2014」で決勝に行ってたんで、「俺の失敗をお前らに伝える。同じ失敗を絶対してほしくないから」って。

シュウペイ 安い居酒屋に連れて行ってもらったよね。

松陰寺 そこは「高級なお店で」とかでいいだろ……。そのときにTAIGAさんから、「優勝できたらいいな」とか「爪痕残そう」とかじゃなくて「絶対に優勝する」って気持ちで行けとアドバイスをいただきました。それくらい前のめりでなきゃダメだから、とすごい言われて。

シュウペイ あははは。

松陰寺 笑うなよ! お前が笑ってどうすんだよ、師匠だろ。

──師弟愛が伝わるエピソードですね。

松陰寺 それはさておき、あの日M-1決勝の舞台で「キャラ芸人になるしかなかったんだ!」ってセリフを叫んだとき、ヒップホップやボーイズラブ、着物やローラーシューズなど、これまで模索してきたさまざまなものが走馬灯のようによみがえってきたんですよ。あのセリフはM-1のわりと直前にできたもので、伝わるかわからないからやめようか迷ってたんですが、お客さんがすごく笑ってくれて、「ああ……俺たちの歴史がちょっとでも伝わったのかな」って、軽くジーンとしてしまった。

シュウペイ 僕はM-1の取材のときに「1日で人生を変えたい」みたいなことを言ったんですけど、それまで何も成し遂げたことのなかった自分たちが結果を残すことができて、バイトをせずに毎日芸人の仕事をやれるようになったんで、一応は人生を変えることができたのかなと。

──ギャル男時代にイメージしていた「伝説」も充分に作れたのでは?

シュウペイ 理想は「SHIBUYA109」のデカい看板に載ることだったので、これからですね。あと「東京ガールズコレクション」のランウェイも歩きたいです。

松陰寺 悪くないだろう。僕らは「一番遠回りな近道」を歩んできたので、これまでのことはすべて必要なプロセスだったと思ってます。これからも油断せず、目の前のお仕事を全力でやるだけですね……決まった(ピューウ♪)。

ぺこぱ独占インタビュー【後編】優しいからではない。受け入れるツッコミの原点
振り返るぺこぱ

漫才さながらの掛け合いを織り交ぜつつ、12年の歴史と紆余曲折を楽しく語ってくれたふたり。ぺこぱの漫才は「優しいのにおもしろい」という奇跡を実現しており、そこには鋭い批評性が宿っているような気がする。

この取材を通して感じたぺこぱの革新性は、掲載中の「クイックジャーナル」(ぺこぱ“NEO優しい”の衝撃「優しいのにおもしろい」という革命)で改めて論じている。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全17枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

清田隆之

(きよた・たかゆき)1980年東京都生まれ。文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。早稲田大学第一文学部卒業。これまで1200人以上の恋バナを聞き集め、「恋愛とジェンダー」をテーマにコラムやラジオなどで発信している。 『cakes』『すばる』『現代思想』など幅広いメディアに寄稿するほか、朝日新聞..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太