「『M-1』決勝に出る」とひたすらふざけまくっていたランジャタイが“正気”に戻った瞬間(てれびのスキマ)

ランジャタイ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『芸人シンパイニュース』

ウエストランドが「シンパイ賞ファミリー」と紹介され、「この番組が一番手の平返してる」と井口。粗品がウエストランドの漫才でディスっていたのは、『R-1』王者であり「泣いて電話」もした自分なのではないかと迫ると、井口は基本的に「特定の人じゃない」としながらも、その部分は「粗品のことだった、ごめん」と笑う。自身の単独ライブで直接対決したいと粗品は言うが、そのライブが『電池の切れかけた蟹』という不条理タイトル。さらに粗品「金の盾も持ってるよ!(笑)」。

『M-1』密着ドキュメントは「手の平を返された」というようにウエストランド薄め。それどころか最終決戦に進出したさや香やロコディの登場はまったくなし。そんなところもこの番組らしい。代わりにベットしていたのは真空ジェシカや、旧まーごめハウスの準決勝で敗れたオズワルドやママタルト。現在、まーごめハウスは、森本サイダーだけが残り、佐川ピン芸人とムラムラタムラと同居しているという。「カオスハウス」と名づけられた3人が敗者復活を応援する場面も密着。

そしてラストイヤーながら準々決勝で敗退してしまったランジャタイも登場。「本当の強い気持ちがあれば『M-1』決勝に出れる」と、決勝が行われているテレ朝へ入ろうとして警備員に止められるコントを何度も繰り返す狂気の時間。ずっとふざけていたふたりだが、ウエストランドの優勝が決まり「すごいね……井口よかったなあ。こんなことある? 友達がまた優勝って」と正気に戻る瞬間がすごくグッときた。ほかの芸人にも祝福されている感じから、ウエストランドが芸人たちから愛されていることが伝わってよかった。ただし、爆笑問題・田中だけは優勝が決まった瞬間、3回拍手しただけだと暴露され、田中「井口がいろいろ絡んでくるのがうぜぇ。俺の悪口でずっと飯食ってんだ、こいつら(笑)」。

井口が「芸人といるときが一番楽しい」と言っていたが、この番組はまさにそんな雰囲気でずっと楽しい。本当にレギュラー復活してほしい。

『ヤギと大悟』

今回は栃木県益子町に。2歳になったヤギのポポは、「ケガするレベル、ごっついパワフルになってるやん」と大悟が言うように、見るからに大きくなっている。走るポポに引っ張られた大悟は、目の前にロープがあって危ない目に遭うが、ポポはひょいっと飛んでかわし、大悟も慌てて飛び越える翻弄されっぷり。

保育園を訪れ「ヤギちゃーーん!」と子供たちに囲まれるポポと大悟。「今ワシの芸歴で一番いい映像が(笑)」。
子供にイチョウの花束をプレゼントされ「初めてロケ中にもらったもの家に持って帰ってみよう」という大悟。ずっとステキな光景がつづいていた。

途中からはゲストの井ノ原快彦が合流。イノッチが地元の食堂へ撮影交渉に行くも失敗。「下手すか? ロケ」と、大悟が改めて交渉に行くと店主とすぐに打ち解けたような声。「いけたよ」と交渉成功。さすが、ロケの経験値が違う。とにかく大悟は、一瞬で相手との壁を取り除き、懐へ入るのが本当にうまい。

今回も、吠える犬に怯え雑草を食べるどころじゃなくなっちゃうポポとか、記念撮影をするときはしっかりカメラ目線になるポポ、前膝をついて得意のセクシーポーズを取るポポ、口を動かしながらも眠そうに目が開かないポポ……と、ずっとポポがかわいくて目が離せなかった。


この記事の画像(全1枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。