ポケモンゲットだぜ!!!(ランジャタイ国崎)


お笑いコンビ・ランジャタイの国崎和也が、徒然なるままにコラムを執筆。本連載での名義は「ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん」です。

コロナ療養中の国崎さんから、白昼夢のようなコラムが届きました。


あの頃とまったく同じ

1996年
いまから26年前。
あたくしは、ポケモンと出会った。

小学校一年生、一つ上のヨースケ君という子が、

「めっちゃ面白い。これすごいよ!」

と、初期のバカデカいゲームボーイをピコピコさせていた。

田舎の公民館。
祭り前の獅子舞の練習に、大人たちが熱をあげる。

そんなことより、子供は皆、ヨースケ君のポケモンに夢中だった。

自分もゲームボーイは持っていた。
カセットは、テトリスとドンキーコング。
ロックマン。

次は、絶対ポケモンだ。
これからは、ポケモンの時代だー!!

数ヶ月後──。

あたくしはポケモンを買った。
もう、ずっとやっていた。

恐ろしい子供だ。
ポケモンのことしか考えてなかった。

話しかけると
「オ〝ーーン!!!」みたいな奇声をあげる。

ポケモン以外考えてなかった。
本当に目の前にポケモンしかなかったのだ。

ポケモン、ポケモン、ポケモン──。

はじめにゲットしたポケモンは
「フシギダネ」というかわいいやつで、
オーキド博士というおじさんが
「3匹の中から1匹選べ(太っ腹)」と言ってきたので、その中から選んだ。

ストーリーが進んでいくうち、
フシギダネは進化して、フシギソウに。
そして、さらに進化して、フシギバナに。
かわいい面影がまったくない、大化け物に進化した。

子供ながらに、「化け物、、」と思った。

ただフシギバナは強く、軒並み敵のポケモンを倒して行った。

その初期作は「ミュウツー」といわれるポケモンが最強で、ゲットした時は本当に嬉しかった。

そして、友達と対戦したときにそのミュウツーが、パラセクトという「でっかいヤドカリ」に負けたのを未だに忘れない。

でっかいヤドカリが、我がミュウツーを眠らせてきて、何回も「きりさく」攻撃で、我がミュウツーは、寝たままぶっ倒れて、負けた。

最強のミュウツーが、でっかいヤドカリに負けたのだ。

本当に恥ずかしかった。

あとポケモンの醍醐味で、通信ケーブルというコードを使い、ポケモンを交換できた。
通信交換じゃないと進化しないポケモンがいたり、さらに対戦もできる。

裏技なんかもたくさんあった。

育て屋さんにコイキングをあずけて、13番目の道具に「おいしいみず」を用意して、セレクトボタンを押して入れ替えると、幻のポケモン「ミュウ」が出る。

「ただ、これはバグ技なので、データが消えるか一か八かでやらなきゃダメだよ〜」

友達のあいだで、噂がどんどん広まっていった。

「ワープもするって、」

「知らないボスに会えるって、」

「けつばん ていうポケモンが出てー、」

「お父さんがラスボスなんだって〜、」

あの頃、今のようにネットがなかったので
友達からの攻略情報が何よりの強みだった。
クラスの連絡網を見て、ポケモンがくわしい子の家に電話をかけて、

「あ、こんばんはー。〇〇くんいますか??、、、あ!〇〇くん!?ねえ、〜〜が倒せないんだけど、どーすればいいー!?」

みたいな電話をしょっちゅうかけていた。

1996年。

あたくしは、ポケモンに夢中だった。

2022年。

あたくしは今、ポケモンをやっている。

さっき、道端で遭遇したポケモントレーナーに、
パーティを全滅させられた。

「オイオイオイなんなんだよォ〜!!」

あの頃とまったく同じ熱量で言っている。

少しお休みができたので、
大の大人が、ポケモンに夢中になりすぎて、ごはんを食べるのを忘れ、オシッコも我慢して、

「見たかこれがワイのポケモンや!!」

「カンベンしてくれよォオオ!!」

「レベル上げんとダメかー!?」

「強すぎるってちょっ、マジかあ!!」

「よっしゃあああああ!!!」

「さんざん育ててこの仕打ちかねこの子は!!」

など、
毎回熱戦している。

眠たくなってきたら、寝て、
起きて、ポケモンして、寝て、起きて、ポケモン。

と、夢の日々を過ごしている。

世の小学生は羨ましいに違いない。

1996年。

あの頃に、ふと
 
「ゲームって大人になってもやってるかな〜?」

と思ったことがある。

やってるよ!!!

バリバリ!!
ポケモン!!!
ションベン我慢してまでやってるよ!!
ポケモンゲットだぜ!!!
あの頃みたいに怒る母親がいないから、気絶するまでやってるよ!!
ポケモン!!!ゲットだぜ!!!
近づいてきたトレーナーからぶっ倒すぞ!!
ポケモン!!
イヤッホーー!!
そら今だモンスターボール投げろ!!
楽しい〜〜!!!!
ポケモン!!!ゲットだぜ!!!

これが本当の、ポケモンゲットだぜ!!!

何がなんでも、ポケモンゲットだぜ!!!

そんなことより、ポケモンゲットだぜ!!

マジのマジで、ポケモンゲットだぜ!!!

たぶん一生やるなこれ!!

80歳のときも同じこと言ってそう!!

あー、またわからんとこ出てきたー。
迷った〜!!

連絡網で電話したい。

〇〇くんならまだわかりそう。

話ぜんぜんついていけそう。

ポケモン!!ゲットだぜ!!!

寝っ転がりながら書いてますが、

あーた様は座りながら見とりますでしょか?

それも一興ですなあ!

ふと、

京本政樹が牧場に行って、

牛たちに

「お前ら世間なめてんだろ?なあおい?」

て言い出して、

牛たちは

「そんなことないモー」

て言うんだけど

京本政樹は

「そんなことあるモー!つってんだろ!」

て言い出して、らちがあかないから

京本政樹が

「じゃあどっちが乳出るか決めよーや!?」

って言って、牛側も

「いや我々の圧勝っすよ政樹さん!!」

ってなったけど、

「やってみなきゃわかんねーだろドアホ!!」

と京本政樹言ったので、いざやってみると

マジで牛側が圧勝で、京本政樹が泣きながら

「ナメてるの自分でしたわ〜!!全然乳首から乳出なかったすわ〜!昨日あんな牛乳飲んだのに意味なかったすわ〜!ひーん!!」

咽び泣き。

「いやでも政樹さん頑張りましたよ、なんかええ、、感動しましたもん我々!」

「感動なんかほしないわー!!!政樹が欲しいのは乳が出る乳首じゃあああ!!!」

牛側ドン引き。


みたいなこと。

あると思います!

【関連】ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)の連載コラム一覧


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ランジャタイ国崎

Written by

ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)

(ふっとうちゃ・そそぐこちゃん)(ランジャタイ:くにざき・かずや)。オール巨人師匠の等身大パネル(5体)とルームシェアしている、アクション俳優。自分の部屋で寝ているときに、「誰かに見られている」と思い電気をつけると、オール巨人師匠パネルだったことが判明した。また、食事の最中に「うしろに誰かの気配がす..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。