“地下芸人”は“地下ライブ”で奇跡を起こす(ランジャタイ国崎)

ランジャタイ国崎

奇妙奇天烈(……と表現するのが正しいのかすらもわからないが)なネタで、昨今のお笑い界に旋風を巻き起こしている、お笑いコンビ・ランジャタイ。『M-1グランプリ2020』の敗者復活戦では、国崎和也の「国民最低〜!」というひと言で、大会をさらに盛り上げた。

その活躍もあり、今ではメディアで目にすることも多くなったが、ランジャタイの本来の主戦場は“地下”にあった。本コラムは、国崎が地下で体験したとんでもない日々を、述懐したものである。


☆どうしようもない地下の日々☆

君は、「スベった」ことがあるか?!

『これはウケるぞ』と、

自分が面白いと思ったことを発言して、相手がピクリとも笑わなかった。。

それが「スベる」だ!!!!!

「しーん」とするあの時間。

たまんないスよね!!

芸人ほど、この「スベる」に敏感な職業はありませぬ。

他の職業なら大丈夫なんです。

「サラリーマン」も、「教師」も「ナース」も、いくらスベっても、なーんともない。

ただ、芸人だけは、この「スベる」に、運命を左右されます。

今、皆さまが見ているテレビの芸人は

『デビューから、ウケ続けてきた芸人たち』でございます。

今回あたしが見せるのは、裏も裏!

「地下劇場の芸人たち」でございます。

いろんな地下のライブに出没する、地下芸人たち。

毎日、地下芸人たちは、いろんな会場で、ギャグやジョークを飛ばしています。

もちろん、スベる芸人もいます。

中には、芸人を辞めないといけないくらいスベる芸人もいます。

でも、彼らは辞めません。

みんな、「働きたくない」からです。

働いて、ミスして怒られたりするのが嫌だからです。

朝早く起きるのが、嫌だからです。

しかし、「それは違う!」とみんな声を大にして言います。

「夢がある!」「お客さんを笑顔にしたい!」「賞レースの決勝に行きたい!」「面白いことをやりたいだけだ!」

しかし、その人たちと仲良くなって、居酒屋などに行き、深い話になると

だいたい皆さん、小さな声で、

「働きたくない、、」

と、言います。

そうです。

根にあるのは間違いなく、

『働きたくない』

でございます。

中にはそうじゃない連中もいるでしょうに。

しかし、あたしがよく知る地下芸人のほとんどが、

『働きたくない』

をモットーにやっております。

さて、もう一度聞こう

君は、「スベっ」たことがあるか?!

誰も笑わない時間が、15分続いたことがあるか?!

スベりすぎて、お客さんが、途中で帰ったのを見たことがあるか?!

そんな、どうしようもない地下の日々を、見てもらいたい!

ごめんあそばせ!

地下ライブの様子。メイプル超合金のカズレーザーや、ヤーレンズなど数多くの芸人と和気藹々している

☆はじめての地下ライブ☆


この記事の画像(全5枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ランジャタイ国崎

Written by

ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)

(ふっとうちゃ・そそぐこちゃん)(ランジャタイ:くにざき・かずや)。オール巨人師匠の等身大パネル(5体)とルームシェアしている、アクション俳優。自分の部屋で寝ているときに、「誰かに見られている」と思い電気をつけると、オール巨人師匠パネルだったことが判明した。また、食事の最中に「うしろに誰かの気配がす..