マヂラブ野田のまじめさが見えた『くりぃむナンタラ』。一方のシソンヌ長谷川は芸人仲間からダメ出し連発(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。


『くりぃむナンタラ』

ウソ企画で招集した野田クリスタル、ヒコロヒー、シソンヌ長谷川、銀シャリ橋本に対し「絞り出しアンケート選手権」。

上田MCの番組の事前アンケートが実はドッキリ。「ちくわ」「食器洗浄剤」など超狭いテーマにまつわるエピソードを絞り出して書いてもらうというもの。

ネタバラシをされた長谷川は「さっきヒコロヒーと楽屋で、今日楽だなってタバコ吸ってたのに……」「心境はデスゲームに呼ばれたのと一緒」とうなだれる。

野田はいずれのテーマに対しても「ちょっと弱い」エピソードながら、トーク番組ならトップバッターに選ばれそうなエピソードを絞り出すまじめな側面が垣間見える。野田は「成立させたほうが恥ずかしいかも」と照れ笑い。

ヒコロヒーも、ヒコロヒーらしさをちゃんとエピソードに潜めている。橋本は、一生懸命小さな話を広げている感じ。

一方で“標的”となったのは長谷川。アンケートに対し、簡単な回答しかしていない。「打ち合わせでふくらませていくタイプ」「打ち合わせありきのトーカー」だと必死に弁解するも、「電子マネー」というテーマでは「新たな時代に突入した気がしたのを覚えています」のひと言の回答。これに「小説の1行目」「同業者で申し訳ないけど『覚えています』で終わったらあかん」と橋本。

さらには「入れ歯洗浄剤」を「~落胆する日々だ」で締め、いよいよ「小説家」キャラに。最後に感想を問われ「トークの難しさと向き合う自分を褒めてやりたい。……そう思う日々だ」と述べる長谷川。ヒコロヒー「(褒めたいって)甘いよ!(笑)」。

『霜降りバラエティX』

せいやの「モノマネ極」は「修行編」ということで、原口あきまさを先生役に招きモノマネ講座。

せいやがジュニアのモノマネをすれば、それを聞くリアクションをジュニアでする原口。絶品。ケンコバ、武田鉄矢、爆笑問題・太田……と講座そっちのけでモノマネ合戦に。

さらにはふたりで、原口が石橋・木梨・勝俣・ヒロミ、せいやが太田・サンコン・松本をマネし、『いいとも』の「グランドフィナーレ」再現に。原口のスゴさはもとより、それに遜色ないくらいについていくせいやもスゴい。

終盤ようやくモノマネ講座に。モノマネのポイントは「声」「動き」「なりきる」。せいやは「動き」「なりきる」はできているが、課題は「声」。

原口は声について、さんまのキーを上げるとジュニアに、下げると華丸に、華丸とさんまの間に柳沢慎吾があると解説。また、加藤浩次の声を腹に力を入れて強めに言うと江頭になるという。「ひとつのキーを見つけたら上げ下げでレパートリーが増える」のだと。

そんな解説を聞いているうちに粗品も練習をし始める。せいや「お前の出しろなんか今日ないんじゃ!(笑)」。


明日観たい番組:『バナナサンド』『マツコの知らない世界』『華大さんと千鳥くん』ほか

『バナナサンド』(TBS)「少年時代のカッコで元気に遊ぶ爆上ゲーム」児嶋&ケンコバ。

『マツコの知らない世界』(TBS)「北海道冬野菜の世界」。

『華大さんと千鳥くん』(フジ)新企画「スパイ7分の1」。

『ロンドンハーツ』(テレ朝)「自分の良いトコ自分で答えましょう」フットボールアワー。

『マヂカルクリエイターズ2』(テレ東)最終回。「キックの可能性」。

『フリースタイルティーチャー』(テレ朝)とろサーモン久保田vsMCリトル。

『ホリケンのみんなともだち』(テレ朝)「ふれあいラジオ」。

『ぼる塾のいいじゃないキッチン』(テレ朝)「プロテインを飲みまくる」オードリー春日。

『紙とさまぁ~ず』(テレ東)広瀬すず。

【関連】マヂカルラブリー、痛烈な批判に対しての本音


この記事の画像(全5枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太