霜降り明星のふたりが持っている「武器」

136

文=かんそう 編集=鈴木 梢
写真:霜降り明星(左:せいや @simofuriseiyam 右:粗品 @soshina3


『M-1グランプリ2018』チャンピオン・霜降り明星。せいやの舞台を縦横無尽に動き回るアグレッシブなボケと粗品のつい真似したくなる一言ツッコミで知られているコンビだが、霜降り明星のおもしろさは漫才だけにとどまらない。

あらゆるエンタメやカルチャー、事象についての“感想”を綴るブログ『kansou』を運営するかんそうが、そんな霜降り明星の「トークのおもしろさ」について、せいやと粗品それぞれが持つ“武器”という視点から掘り下げる。

せいやの「器用さ」と「誠実さ」という大きな武器

霜降り明星の魅力は、ラジオ『霜降り明星のだましうち!『霜降り明星のオールナイトニッポン0』YouTubeチャンネル『しもふりチューブ』などで見せるフリートークにも存分に現れている。特に「自分の好きなものを語っているとき」のおもしろさは決して先輩芸人にも引けを取らない。

生粋の昭和好きとして知られているせいやは、テレビやラジオでもその想いを熱く語っている。特に大ファンであるアグネス・チャンへの想いは尋常ではなく、たびたび粗品や視聴者を置き去りにするほどの愛を見せているが、衝撃だったのが『しもふりチューブ』で突然披露した「存在しないアグネス・チャンの曲を勝手に作って歌う」という奇行には恐怖すら覚えた。

【アグネス愛】ラスト2分衝撃の展開せいや大奇行【霜降り明星】

また、せいやは人や物事の特徴を捉えるのがうまく、状況を的確にわかりやすく伝える能力がとても高い。特に『霜降り明星のオールナイトニッポン0』内のコーナー『霜降り交遊録』(霜降り明星が有名人と絡んでいる様子を想像する)が絶品で、声は決して似てるわけではないのに喋り方の癖や言葉のチョイスで絶妙に似せるその「雰囲気モノマネ」はまさに唯一無二。四千頭身の後藤や宮下草薙の草薙といった同世代の芸人から、大和田伸也や鈴木亮平などの俳優陣、果ては河北麻友子からアンミカまで、そのレパートリーは無限といえる。しかも、せいやのするモノマネにはきちんとリスペクトと愛がある。誰のモノマネをしていても「バカにしてやろう」という嫌味がなく、誠実に向き合っているからこそリスナーは気持ち良く笑うことができる。

このせいやの「器用さ」と「誠実さ」は霜降り明星にとって大きな武器になっている。

粗品が持つ「純粋さ」という諸刃の剣

反対に粗品の武器は「純粋さ」にあると思う。大のパチンコ好きの粗品は『しもふりチューブ』に「パチンコ初心者講座」「パチンコものまね」「ガチで好きなパチンコ台Best3を語る」などそのパチンコ愛を全面に出した動画を数多く投稿しているのだが、「海物語の保留数字の熱さ」「ジャグラーの払い戻し音のデカさ」「当たり演出の3択を外したときの横で打ってるおばさんのリアクション」など霜降りファンの誰がわかるんだよと言いたくなるようなものばかり。一般的に決して良いイメージがないパチンコの話を子供のようなキラキラした顔でする粗品を見ているだけで笑ってしまう。

【パチンコものまね】粗品の北斗無双/ジャグラー/牙狼魔戒ノ花【霜降り明星】

しかし、ときにその「純粋さ」は悪にも振れる。自身のラジオ『霜降り明星のオールナイトニッポン0』でもハガキ職人たちの投稿に対しておもしろいものはおもしろい、つまらないものはつまらないと一刀両断し、決して馴れ合いを許さない。リスナー同士が険悪な雰囲気になったり、失敗したときに出る粗品の下級悪魔のような笑い方は本当にゾッとする。だが、この良いも悪いも両方100%楽しむことのできる粗品は誰よりも人間らしく、そこが最高。

彼らのトークの凄さは「わからなくても面白い」というところにある。彼らのファン層が若者中心でパチンコや昭和など決してド真ん中ではない話題であるにも関わらず、粗品のキレのあるツッコミと着眼点やせいやの細かいディテールまでこだわったモノマネの再現度の高さによって2人の熱量がリスナーにも乗り移り、まるで自分自身が体験した話のように聴くことができる。自分たちがおもしろいと思うことをやりつづけ、その面白さを他人にも共有することのできる人間はそう多くない。だからこそ、M-1グランプリ優勝から1年経った今でも霜降り明星は活躍しつづけられるのだと思った。