SKY-HIを魅了した驚異の13歳、RUIにとっての『THE FIRST』とは「人生を変えるもの」【『あの日のTHE FIRST』レポート#9】

文=坂井彩花 編集=森田真規


SKY-HI(スカイハイ)が率いる会社「BMSG」が仕かけたオーディション『THE FIRST』。その模様を7人組ボーイズグループ「BE:FIRST(ビーファースト)」と、『THE FIRST』に参加していたBMSGの練習生や所属アーティストのコメントを交えながら振り返る番組『あの日のTHE FIRST』

第9回でフィーチャーされたのは、SKY-HIから「アーティストとしてファンになってしまった」と言われ、そのパフォーマンスのクオリティについて太鼓判を押されているRUI(ルイ)。ひとたびパフォーマンスが始まると“フロー状態”へ没入する才能を持つ彼は、どのような心境でオーディションに臨み、その最中に何を考えていたのか──。

【関連】 BE:FIRSTのRYUHEIが語る『THE FIRST』という大きな転機「僕が出会うべき居場所だった」


世界で活躍するチャンス

1次審査の書類選考をくぐり抜けた231人を対象に、日本全国で行われた『THE FIRST』2次審査。ここでRUIは米津玄師「感電」で中学生と思えぬ妖艶な歌声を響かせ、SKY-HIから「ローキーでここまで妖しさや色気を出せるのはすごい才能」と評された。

[THE FIRST 2次審査] 川島塁 (歌唱) / 感電

──なぜ『THE FIRST』を受けたのですか?

RUI 小さいころ、おばあちゃんに「歌がうまいね」と褒められたのがきっかけで、歌を始めました。そのあと「もっと有名になりたい」と思うようになり、アーティストさんを見るたびに「こんなふうになったら、すごく人生を楽しめるだろうな」と感じていたんです。『THE FIRST』を見つけたとき、「これはチャンスだ!」って。世界で活躍することを望んでいたので、挑戦してみることにしました。

──SKY-HIさんに会ったときの印象を教えてください。

RUI 外見から“神の子”なんだなと。すべてが整っているかっこいい方だと思いました。内面もすごく優しくて、おもしろくて。パフォーマンス後に「13歳とは思えない」と言っていただけたのは、“並外れている”と褒められたように感じてとてもうれしかったです。

30人中22位で2次審査を通過したRUIは、3次歌唱審査でも米津玄師「感電」を披露し、SKY-HIからは「無意識に出る所作に雰囲気があって心惹きつけられる」と称賛された。グループ審査では、SKY-HIの楽曲「Sexual Healing」に挑戦。出だしのパートでグッと場の空気を掌握し、「マイクへの声の鳴り方が特殊な域に達している」と評された。

──チームAのメンバーには、どのような印象を抱いていましたか?

RUI 皆さんダンスがとてもうまいんですけど、中でも佐藤龍太君は気持ちが入っているというか、表現がすごく強くて。龍太君に<アダムとイブでも気取ってみればいい>の振り付けを教わったのが、一番印象に残っています。RYUHEI君は、冷静なイメージが強かったですね。何事も頭で考えてから行動に移すタイプだったので、とてもまじめな方なんだと思っていました。

──3次審査を振り返って、いかがでしたか?

RUI 自分が意識していない“さらっと目線を外す”というところまで、SKY-HIさんが見てくださっていて、とてもうれしかったです。グループ審査ではみんなと協力できたと思うんですけど、「もっと発言してアイデアを共有すればよかったな」という反省はありますね。

[THE FIRST 3次審査] Team A / Mr. Psycho (Dance Practice) / 黒田竜平、中西直樹、川島塁、佐藤龍太、馬場亮成

神がかっていたパフォーマンス

15人で挑んだ合宿審査に8位で駒を進めたRUI。合宿1次審査の“クリエイティブ審査”では、仲間と一緒に楽しみながら音楽と向き合い、SKY-HIに「表情が楽曲を表していた」と称された。順位を8位にキープして臨んだ“疑似プロ審査”の「Be Free」では、完全に楽曲を憑依させたパフォーマンスを展開し、グループ全体の魅力をより高みへと引き上げた。

[THE FIRST 合宿擬似プロ審査 / ステージ映像] Be Free / ジュノン、レオ、ソウタ、マナト、レイ、ルイ

──クリエイティブ審査を振り返って、いかがでしたか?

RUI 一回も歌詞やダンスを自分で考えたことがなかったので、制作が始まる前は不安しかなかったです。やっぱり仲間の存在って大事ですね。“YOLO”というワードを出したのは、SHOTA君。もともと<We only have one life>は日本語で歌う予定だったんですけど、さらにかっこよくするために英語に訳しました。僕が手がけたパートではあるけど、仲間で作ったという意識が強いです。当たり前ですけど、あのパフォーマンスはひとりでは絶対にできなかった。クリエイティブ審査を経て、仲間とは助け合い、高め合うものなのだと強く感じました。

──疑似プロ審査を振り返って、いかがでしたか?

RUI 本番中なのに、次々と「こうしたらかっこいいかな」って頭に浮かんでくる感覚があって。神が憑依して体は勝手に動くみたいな、魅せ方を考えながらパフォーマンスに臨むことができました。あのときは、自分でも神がかっていたと思いますね。<Let’s go baby 忘れないで>のパートでやったスーツのジャケットをずらす魅せ方は、本番前SHOTA君に確認したら「全然変じゃないよ」と言われたので取り入れてみました。SKY-HIさんに「RUIにしか目が行かない瞬間が多かった」と評価していただけたのは、めちゃめちゃうれしかったですね。オーディション最高だなって(笑)。

──疑似プロ審査の練習期間に起こった「スリッパ事件」について、今はどのように感じていますか?

RUI 「サンダルで参加するのはおかしいし、もっとやり方があるでしょ」って、過去の自分に言いたいです(笑)。オーディションなのになれなれしいし、あのときは調子に乗っていたと反省しています。今の僕だったら……靴が乾かなかったら裸足でやると思います。

音楽を世界一愛している人間”になる

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全104枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太