マヂラブ村上がぱるると結婚、コンビ解消を切り出したら?野田「罪深く思わなきゃいけない」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】マヂカルラブリー、痛烈な批判に対しての本音


『モニタリング』

野田へのマヂカルラブリー解散ドッキリ。村上がぱるる(島崎遥香)と結婚し、事務所を辞めなければならないため解散しようというもの。

ぱるるとの交際を聞いたときはテンションが上がり、「スゴいことになるよ!」とその後の展開などを夢想し饒舌になっていた野田だが、事務所と揉めているぱるると結婚し、個人事務所を作るためお笑いを辞めたいと打ち明けられると空気は一変。

「解散なんてする必要なくない?」と、吉本を辞めるのは100歩譲って認めてもコンビの解散はあり得ないと静かな口調ながら強く主張。

ここで村上が「(自分が野田の)足を引っ張ってるんじゃないか」と語った上で、自分を「芸人としてどう思ってるの?」と聞くと「チャンピオンよ。紛れもなく」と即答。

「それは野田氏がスゴかったから」という村上の言葉にも「そんなクソ大会じゃないから。どっちもチャンピオンじゃないとチャンピオンじゃない。お前もおもしろいし、俺もおもしろい」と反論。

「俺がどうこうじゃなくて、お前がこのままテレビに出ない人生なんてもったいない」「(村上が)お笑い辞めるっていう選択肢はなくていいと思う。今後、一生」と村上の才能を最大限評価した言葉を重ねる。

マヂカルラブリーのことをどう思っているのかを聞かれれば「めちゃめちゃ大事よ。なんだと思ってるのよ。どんだけ……どんだけ費やしたと思ってるのよ、マヂカルラブリーに」と野田。

ぱるるの事務所との問題も「じゃあ、俺が事務所に行くよ、相手の。解散するくらいだったら、俺行くよ、どこでも。なんでもしてやるよ」と当たり前のように言うのが痺れるくらいカッコいい。

野田は、以前の『アメトーーク!』での「大宮セブン脱退ドッキリ」でもそうだったけど、大きな会社の言いなりには絶対にならないし、それは自分の力で変えるんだ、という強い意思を感じる。

いったん退席していたぱるるが戻ってくると「お笑いは辞めさせないでほしい。こいつのためにならん」とキッパリ言う野田。「めちゃくちゃ考えて出した結果」と彼女が言うと「もっと考えられる。14年間考えてほしい。俺からしたら」「(村上に)お笑いを辞めさせるってことを罪深く思わなきゃいけない」と野田。

言葉を荒らげたりすることはけっしてなく、終始トーンは低めだけど感情が昂ぶっていることがよくわかる。言葉を尽くし、自分にも相手にも真摯な態度に胸が打たれた。

『野田レーザーの逆算』

トンツカタン森本は、動画タイトルだけで誰のチャンネルかを当てる「YouTube逆算」、カズレーザーは「翻訳逆算」を出題。

日本語→中国語→英語→フランス語→中国語→日本語に翻訳していった最後の日本語「私は利己的であるのが好きです、私はあなたを傷つけるだけではありません」から、元の日本語を当てるというもの。

野田が出題したのは「まちがいさがし」の「まちがい」のほうの絵だけを見て間違いを予測する「まちがいさがし逆算」。

どれも予測しがいがあっておもしろいし、答えを聞くと「あーー! これはもっと考えれば1個目のヒントで当てられた!」って思う良問ばかり。1回20分という尺も集中して観るのにちょうどよくて、今や最も楽しみにしている番組のひとつになっている。


明日観たい番組:『しゃべくり007』『激レアさん』『ソウドリ』など

『ファミリーヒストリー』(NHK)「堤真一 〜寡黙だった父 家族への思い〜」。

『しゃべくり007』(日テレ)に後藤真希/永野芽郁、滝藤賢一。

『激レアさん』(テレ朝)「DJがやりたいのに実家の農業を継がざるを得ず、田舎の集落でガッツリお米を育てながら世界一のDJになった人」客員研究員にジェシー、星野源。

『ソウドリ』(TBS)インスタントジョンソンvs新作のハーモニカvs永井佑一郎vs西村ヒロチョ。

『もう中学生のおグッズ!』(テレ朝)「シソンヌ長谷川くんのあの頃&生ワイプ2号機お披露目〜」。


この記事の画像(全4枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太