マツコ&有吉のツッコミが冴え渡る『かりそめ天国』ロケVTRが唯一無二である理由(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】有吉弘行という男の存在そのものが最高におもしろい


『かりそめ天国』

有吉とマツコに何回「へぇ」と言わせるかを競う「へぇダービー」に沢口靖子がまさかの参戦。「へぇダービーをやることはなくない?」とマツコ。

有吉は東京に来て初めて見た女優が沢口靖子だという。「こんなきれいな人いるんだ!と思った」と。

その「サポート役」に『かりそめ』ファミリーの浜口京子。有吉が「ダメだよ! 混ぜるな危険だよ! お嬢様×お嬢様じゃん!」と心配するように、違う角度で浮世離れしたふたりは終始フワッフワしたロケを展開。

特に浜口は謎のテンションで沢口を「サポート」し、むしろ邪魔になってしまっている。全然沢口のほうがロケがうまい。

店先でずん飯尾のサインを見つけると、そこに書いてある「ぺっこり45度」を読み上げる浜口に「パックリピスターチオ?」とつづける沢口。

しかし、沢口は飯尾のことを知らない。浜口が必死に説明するも、しどろもどろな説明で当然沢口は理解できない。ずっと摩訶不思議な、噛み合わないふたりのやりとり。

VTR明け「京子ちゃんは一回説教だね」と有吉。一方で沢口相手にもいつもどおりな態度であることは評価。マツコは、映画の番宣をするのには「カロリーが高い」仕事だと言い、「テレ朝って番宣にちょうどいい番組ないの!」と嘆く。

「プロしか知らないトップ企業伝説」第2弾にはもう中が再び登場し、またももう中ワールド全開。

「もう中の友達がディレクターやってんの?」と有吉。マツコも「テレ朝の上層部に親族がいるんじゃない? 何が許されてるの、これ?」と、そのやりたい放題っぷりに唖然。

『かりそめ天国』のロケVTRは本当に唯一無二。マツコと有吉がツッコミでいかようにもわかりやすく、おもしろくしてくれるという絶対的な信頼があるからこそだろう。

マツコ「今日はVTRが2本とも狂気」。有吉「ホラー映画だもんね」。マツコ「『リング』と『呪怨』の2本立て(笑)」。

『キョコロヒー』

ひとしきりふたりのトークが流れたあと、カメラがスタッフ側を映すと、そこには日向坂46の河田陽菜。

「ずっとここにいたいです」とニコニコと笑う彼女は、エマニエル夫人が座るような「変な椅子」に座らされている。バラバラ大選挙で1位になった公約で日向坂からゲストとして呼ばれたそう。

「スタッフさんがスタッフィングしてるので」と齊藤京子がいつものように素っ頓狂な謎の単語を繰り出す。「スタッフィング」とは「キャスティング」のことらしい。

だが、河田も齊藤に輪をかけて話が噛み合わない。河田は「全人類」で「彼女にしたい1位」がヒコロヒーなどと言うも、終始フニャフニャして会話が成立しない。ヒコロヒー「20歳ってこんなんやったっけ?(笑)」。


明日観たい番組:『FNSラフ&ミュージック』『ウッチャン式』『シンパイ賞!!』など

『FNSラフ&ミュージック』(フジ)第2夜。

『ウッチャン式』(TBS)「若手芸人プレゼン」。

『シンパイ賞!!』(テレ朝)「ブレイク芸人お金の使い道SP」。

『テレビ千鳥』(テレ朝)「これでビール飲んだら旨いんじゃ!!」。

『有吉ぃぃeeeee!』(テレ東)『FIFA21』。

『ガキの使いやあらへんで!』(日テレ)「マヂラブ野田七変化」。

『関ジャム』(テレ朝)「プロがマジメに選んだキュンとしたラブソング特集」。

『ボクらの時代』(フジ)草刈民代×浅丘ルリ子×風吹ジュン。

『おしゃれイズム』(日テレ)に郷ひろみ。

『おかべろ』(フジ)に桐谷健太。


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。