空気階段の演技がスゴい。『ゴッドタン』女装かたまりが想いを寄せる相手は?(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】「実はモンスターはこっち」タカトシにサイコパス扱いされる空気階段・水川かたまり


『ゴッドタン』

かもめんたる、空気階段、レインボーによる「女装ほろ苦選手権」。かたまりは、前回の反響がすごく、女性ファッション誌で「空気階段かたまりが着こなす春のOLコーデ」といった特集が組まれるほど。

そんな空気階段はフリー演技でラジオパーソナリティとの恋模様をドラマチックに演じる。DJショウタ(もぐら)と女優の結婚報告を聴く優子(かたまり)。リスナーからのメールを読むショウタ。

そこにラジオネーム「かつての女」からのメール。その送り主はもちろん優子。「今会えないっていう関係性をこうやってつないでくれるのがラジオ」とかたまりが言う切ないストーリー。

本当に空気階段はラジオを使った物語を作るのがうまい。そこに乗せられた銀杏BOYZの「東京」がハマる。優子の女装演技はもとより、もぐらの演技が最高。劇団ひとりも「顔、最高だな。お前にさ、寅さんとかやってもらいたい」と絶賛。めちゃくちゃ観たい。

そんなもぐらの演技に触発されたのか、レインボー・ジャンボは「やり過ぎ!」(矢作)。ひとり「アピールがスゴかった」。

一方、かもめんたる槙尾は前回同様、オチで笑いに走り、ウケないと見るとカツラを外してしまう。「芸人槙尾になって本当に悪いスベリ方をした」と、う大が酷評。かたまりも「率直に引きます」と言うと、ひとり「失格!」。

『有吉反省会』

デスマッチのカリスマ「クレイジーモンキー」ことプロレスラー葛西純が「痛いの苦手」と反省。リング上ではお客さんの声援や拍手がありアドレナリンが出ているから大丈夫だが、リングを降りると注射も苦手。「逆に得意な人いるんですか?」と真っ当なことを言う。

試合では6メートルも高さのある後楽園ホールのバルコニーからダイブすることも厭わないが、高所も苦手だそう。

体中に無数の傷跡があるが、なんと「基本的に縫わない」という。「縫うと痛いじゃないですか。傷を寄せて医療用テープを貼って終わり」「縫うほうが考えられない。抜糸もありますからね」。人間の、いや葛西の身体、スゴい。

試合前に病院の予約をしておくかを聞かれ、「ケガすることを前提にリングに上がってるわけじゃない。我々はプロなんで、一番究極的にスゴいのは、カミソリがあろうが蛍光灯があろうが、ガラスがあろうが、血を一滴も垂らさないでリングを降りること」と語る葛西純がめちゃくちゃカッコよかった。

それとは裏腹に、言動が終始チャーミング。本当に魅力的なプロレスラーだなと改めて思う。


明日観たい番組:『しゃべくり007』にKis-My-Ft2、赤楚衛二、SUMIREが登場

『しゃべくり007』(日テレ)にKis-My-Ft2、赤楚衛二、SUMIRE。

『激レアさん』(テレ朝)「ニシキヘビを捕まえるべくして捕まえた人」。

『しくじり先生』(テレ朝)「趣味の沼にハマって抜け出せないオカリナ」。

『トゲアリトゲナシトゲトゲ』(テレ朝)「加納のビビりを克服する夜」。

『さまぁ~ず論』(テレ朝)に児嶋一哉。

『紙とさまぁ~ず』(テレ東)に有村架純(後編)。

『シェフは名探偵』(テレ東)最終回。


この記事の画像(全4枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。