ダイアン・ユースケ、ムチャ振りに見事な返しをするも「おもしろいけど、カリスマ性はない」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。


『ゴッドタン』

2年半ぶりの「バカヤロウ徒競走」。怒りを誘う寸劇コントをするのが、岡野に対してはザ・マミィ、錦鯉にはトム・ブラウン、かが屋にはハナコと関係性の深い芸人仲間。ハナコだけは毛色が違い「早くかが屋とコントがやりたいなぁ」と「青春」のバカヤロウを誘う。

一方、ダイアンに対しては、いつものように劇団俳優。番組スタッフに扮し「津田なんてオープニングからずっと流れ読めてない」「津田って自分のおいしい瞬間しか考えてなくて人の話聞いてないからリズム掴むのに時間かかる」「ユースケってあんな顔でしたっけ? 30キロも太って自己管理能力ゼロかよ」など辛辣。

台本ではユースケのひと言で番組を締めることになっているが、それを変更しようとするスタッフ。そこにプロデューサー役のひとりが登場。「ユースケは今生まれ変わろうとしてる」「あいつの名前は今日から『とんぺい』だ」「頼む、とんぺいにチャンスをくれ」と最後のひと言をムチャ振り。「日本の不景気はどうなる?」と振られたとんぺいことユースケは、「不景気とかよくわからないけどさ、今はガマン。いつかでっかいとんぺい焼き食べようよ」と見事な返し。

それでも「おもしろいけど、カリスマ性はない」と言われ、徒競走がスタート。が、ダイアンふたり共スタートを遅れてしまう。矢作「全員できてることがなんでできないの?(笑)」。

【関連】熟年夫婦のような関係性、幼なじみコンビ・ダイアンの魅力の秘密

『さんまのお笑い向上委員会』

おいでやすこがに対するクレーマー芸人として、小田と大阪時代、苦楽を共にしたななまがりと守谷日和。

当時の「大阪5upよしもと劇場 嫌われ芸人ランキング」は、5位が守谷日和、4位がBKB、3位がななまがり初瀬、2位がおいでやす小田、1位がななまがり森下。ななまがりは、客席の女性に向けて「エアーペニスを投げてます」みたいな下ネタをやるから上位になるのは当然で、アンチも多いが単独ライブは即完するようにコアなファンも多かった。

一方、小田は「僕はけっこうポップなことをやってて嫌われランキング2位で、好きなほうも入ってへんから……なんでやねん!」と、ウケはするがうるさ過ぎて嫌われてた。1軍2軍の入れ替え戦の際も「渦巻くように」ウケていて、ジャルジャル、かまいたち、和牛らそうそうたるメンバーの中でもダントツで笑いを取っていたが、客票が入らな過ぎて2軍に降格してしまったほど。そんなことを明かしつつ「向上」とはほど遠い罵り合いに終始するメンバーに、今田「この罵り合ってるメンバー、全員嫌われてるんやろ?(笑)」。


『お笑い実力刃』

ゲストは中川家。漫才のイメージの強い中川家だが、今回はコントを3本。「ネタで絶対にやらないと決めていることは?」という質問に宇宙人など「現実に存在しないこと」だと剛。「ホンマに宇宙人来たらしゃべりたくないもん」と。礼二は「兄弟で恥ずかしいからカップルネタはやらない」と。確かに中川家のそういったネタは見たことがない。

そんな中川家のハチャメチャなネタを観たザキヤマは、「伝統的な雰囲気のある人じゃない? でも全然伝統的じゃないよね。ある種、NGKをぶっ壊す人たち」「どっちかっていうと若手がやってるようなことをやっちゃう」と評す。剛「そうなんですよ! 正統派、正統派ってよく言われるけど、全っ然、そんなことない!」。最後にザキヤマが「なぜ中川家がこんなにおもしろいのか?」をまとめ。「なんの伝統もないからです」。

明日観たい番組:『いいね!光源氏くん し~ずん2』&『オッドタクシー』最終回

『クイズ!THE違和感』(TBS)。ゲスト解答者に中条あやみ、菜々緒、本田仁美、秋山竜次、デヴィ夫人。

『激レアさん』(テレ朝)、「宝塚歌劇団にトップスターを目指して入団したのに、ひたすらおじさん役をやり続けそのまま引退した人」「なかやまきんに君と関わるたびに人生に幸運が訪れる人」。

『しくじり先生』(テレ朝)、「認知率7%オズワルド畠中の芸人力を検証」。

『ソウドリ』(TBS)、「シーズン2・決勝戦」ダイタクvsネルソンズvsアイロンヘッドvs怪奇!YesどんぐりRPG。

『紙とさまぁ~ず』(テレ東)、スタート。

『さまぁ~ず論』(テレ朝)にトリンドル姉妹。

『トゲアリトゲナシトゲトゲ』(テレ朝)、「ボケとツッコミをシャッフルする夜」。

『いいね!光源氏くん し~ずん2』(NHK)、 『オッドタクシー』(テレ東)最終回。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太