唯一無二のお笑い深夜番組『ゴッドタン』のすごさ

2020.7.1

ロゴ=(C)テレビ東京
文=かんそう 編集=鈴木 梢


老若男女誰にでも開かれた優しい番組が求められている現代において、15年もの長い間「深夜のお笑い」だけをやりつづけているバケモノ番組『ゴッドタン』(テレビ東京)。毒舌、下品、エロ、ひとつ間違えれば一発でアウトになりかねないイカレサイコ企画を重ねながらお笑いファンや業界人からの圧倒的な人気を誇る、その秘密を改めて紐解いていきたい。


いっさい妥協しない振り切れた企画の数々

番組でも一番の人気企画「マジ歌選手権」は最初の3回までは、出場芸人も劇団ひとり、バナナマン日村勇紀、東京03角田晃広、ケンドーコバヤシの4人のみ、披露する楽曲もいい意味でも悪い意味でも「ひどい出来」で(特にバナナマン日村の披露した『さくら』『さくらんぼ』『チェリー』のひどさは凄まじかった)、まさにゲスで下品な「深夜のお笑い」を体現していた。しかし時を経て、日本武道館や横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナといったあり得ないほどデカい会場をパンパンに埋めるビッグコンテンツへと成長することなど誰が想像できただろうか。

マジ歌ライブ2018
『ゴッドタン マジ歌ライブ2018 in横浜アリーナ ~今夜一発いくかい?~』DVD

もうひとつの人気企画「キス我慢選手権」もそう。ただ単に「セクシー美女からのさまざまな誘惑に耐えキスを我慢する」というだけの変態企画だったのが、いつしか劇団ひとりとみひろの織り成すアドリブが化学反応を起こし、笑いが感動に変わり、ついには映画化、全国ロードショーされるという奇跡を起こした。

キス我慢
『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE [DVD]』

「深夜のお笑い」のスタンスはいっさい変えずに中身だけをレベルアップさせる。私は「やりつづけること」の大切さをゴッドタンから教わった。

唯一無二のレギュラー陣

劇団ひとりとおぎやはぎの小木博明、矢作兼。この3人なくしてゴッドタンは成り立たない。単に司会だけをするMCという立ち位置ではなく、時にはゲスト以上に体を張り、汚れ、吠え、暴れる。劇団ひとりは「西野をもう一度嫌いになろう」では自分の髪を切り落とし、キングコング西野亮廣の尻の穴に水を吹きかけ、小木は「キモンスターズ・チャンプ」でアイドルを恐怖のどん底に陥れ、矢作は唯一無二の「ジジイ芸人」としてそのキレの悪さを存分に発揮している。どれもほかの番組ではけっして観ることのできない「芸人」の顔を見ることができる。

アシスタントを務める松丸友紀アナも忘れてはならない。「松丸プロデュース王決定戦」での本能寺の変、下衆ヤバ夫の完コピをはじめ、どんなムチャ振りにも120%の答えを出しつづけるポテンシャルの高さに、一瞬アナウンサーであることを忘れてしまう。

変態地獄企画と超まじめ企画とのギャップ

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

かんそう

1989年生まれ。ブログ「kansou」でお笑い、音楽、ドラマなど様々な「感想」を書いている。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太