星野源に「お金ないんだろう?」とごちそうする大泉洋。ふたりのエピソード満載の『SONGS』(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】星野源は、心の○○○を晒している。マツコ「ど変態ですよ」


『SONGS』

ゲストは星野源。

番組ホストの大泉洋と星野源が出会ったのは「殿上人みたいになる直前」。「人気がある人は嫌い」という大泉だが、「熱烈なファンがいるとは聞いていたけど国民的(人気)ではないから野良犬が噛みつくチャンスがあった」と、そのころからずっと「貧乏くさい」「浪人生みたい」などと言っていたそう。

最近は「俺が払うのはおかしいだろう?」と思いながらごちそうしているという大泉に、「ここ数年も『お金ないんだろう?』って言うじゃないですか」と笑う星野。「(大泉さんの)時が止まってるんですよ。出会ったころから(笑)」。

大泉が大好きだという「恋」のAメロは、大泉と共演した『真田丸』の撮影中に書いたという。「だからちょんまげで書いてました」と意外なエピソードを明かす星野に豪快に笑う大泉。

初めて『紅白』に出演した際はとんでもなく緊張したそう。場面転換がギリギリでマイクをもらった瞬間から記憶がないという。「で、歌い終わった瞬間に(審査員席の)大泉さんがうわ―!って(立ち上がって拍手した)顔からの記憶です」と。

その際に歌った「SUN」のことをいつも「4」とボケる大泉。星野「何度言われても一瞬意味がわからないんですよ。「SUN」を数字として捉えたことがなくて(笑)」。

『クセがスゴいネタGP』

ダイアンによる「岸大介」コントを観て歓喜する渋谷凪咲。「ダイアンさんがお笑いの完全体」だと。大悟「じゃあ、世界の七不思議やな。完全体が苦労してるの(笑)」。

虹の黄昏が「結成16年目にしてゴールデン初登場」という触れ込みで番組初出演。「なんだこいつら?」と千鳥が知らないのが意外。そしてネタが終わったあと「コウテイがもうおるからな……。虹の黄昏は東京であれでずっとやってたんやろうけどな。出たもん勝ちなのよ、この世界」と大悟。ハイテンションなこと以外、コウテイと虹の黄昏が似てると思ったことがなかったので、その反応が意外過ぎてショッキングだった。

AMEMIYAとどぶろっくがつづくラインナップには「ホンマにスッゴいこと」と大悟。「『ミュージックステーション』にB’zとミスチル一緒に出たことある?」。


『キョコロヒー』

番組で乗ったセグウェイが楽し過ぎて、プライベートで似たものを購入したという齊藤京子は、オープニングではそれに乗って登場。

『なぎスケ!』でダンスを披露したというヒコロヒーは、休憩時間もスタジオの隅でずーっと練習して本番に挑んだと明かすと、「いますね、そういう人」と冷たく言い放つ齊藤。「私はここまでがんばってやってましたよ感」を出すタイプだと辛辣。「あんときのワシ、見せてやりたい」と心外な様子のヒコロヒーは「友達やめよ」とポツリ。それに「あ! 友達だったんですか? やったー!」と無邪気に喜ぶ齊藤京子。

「ふたりで旅行に行くなら」というトークの途中、突然「ごめんなさい、照明って今直しちゃっていいですかね?」とスタッフの声。なんと、照明がトークをしているふたりとは逆方向に当てられているというまさかのハプニング。「まぶしいと思ったよ!」と照明が当てられている側のスタッフ。

オープニングのセグウェイのくだりを反対側のスペースで撮った際に向けた方向のまま、トークの撮影を始めてしまったよう。「ヤバくないですか! ヤバい!」とはしゃぐ齊藤京子と、口を抑えつつ爆笑するヒコロヒー。おもしろ過ぎるし、そのミスに対するみんなの反応が、番組内のとてもいい雰囲気を窺わせていた。

「今日のダンス」のコーナーではダンス×鉄棒、ポールダンス×コスプレなどスゴいハイブリッドダンサーを紹介。最後にダンス×ハープとして登場したのがザ・ギース高佐。つづけて高佐はパントマイム、手品、さらに尾関の紙切り芸とザ・ギースの特技披露のようなシュールでバカバカしいVTRに。ヒコロヒー「最後のはどういうVTR?」。

オープニングからふたりのトーク、ダンスコーナー、そしてハプニングまで番組のよさが詰まった回だった。

明日観たい番組:『ゴッドタン』で「バカヤロウ徒競走」など

『99人の壁』(フジ)「アイス」「グミ」「ポテトチップス」「駄菓子」。

『お笑い向上委員会』(フジ)「おいでやす絶叫ツッコミで被害続出!もう中学生ダンス」。

『アニマルエレジー』(テレ朝)「ウシツツキ」「ヤギ」。

『ゴッドタン』(テレ東)「バカヤロウ徒競走」。

『ストーリーズ』(NHK)ノーナレ「寺と家族と“私” 800年を繋ぐ」。

『世にも奇妙な物語』(フジ)「デジャヴ」上白石萌歌、「三途の川アウトレットパーク」加藤シゲアキ、島崎遥香、「成る」 又吉直樹、「あと15秒で死ぬ」吉瀬美智子。

『コタローは1人暮らし』(テレ朝)最終回。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。