ケンコバ、トガリ期を越え、今では「母性」が強くなった(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】狂気と哲学性をミックスさせた蛙亭のコントについて


『あちこちオードリー』

ケンドーコバヤシ&蛙亭がゲスト。

『ゴッドタン』「マジ歌ルーキーオーディション」で岩倉が歌った「ごめんなさい」を改めて流すと絶賛するケンコバたち。

「へらへらしてるのは私からしたら逃げではない。『女にしてはおもしろいな』って言ってるお前、その発言がおもしろくないと思われてるとか思わないんや、マジおもんないなって」と岩倉。

これに「近いなとは思う」と自分たちの若いころを思い浮かべるケンコバ。「俺のちょっと前の世代までワルがやるものだった。それを見させられたから、必要以上に俺らもトガってたかも」と回想。

当時は「一番悪いサイクルにお笑い的にも入ってた。客にウケてる=あいつら媚びてる、みたいな。恥ずかしい奴らやなあって言うててん。生き恥やで!って」という価値観だった。「一番正義は客が誰ひとり笑わへんのに、袖が大爆笑」というもの。だが、2丁目劇場時代、芸歴10年くらいで「間違っている」ことに気づき「切り替えた」という。「でもお客さん笑かしにはいかんかった。自分。俺が客席おったら笑うやつにしようと切り替えたね」。

現在では『ドキュメンタル』に出たときも「いつから俺、こんなお母さんになってしまったんやろって」と「母性」が強くなったというコバ。「あの子、しゃべってへんわ」と思うと寄り添って振ってあげたりすると。

そんな話を聞いて『ダイナマイト関西』での話を思い出す若林。決勝で争ったケンコバと若林。コバが勝利すると抱きつかれて耳元で「今日は一緒に飲もうな」と言われたそう。

そんなコバが一番「リードなし」で暴走したことを聞かれ「結果未遂に終わってんけど」と前置きした上で若手時代の話を回想。横山ノックが知事時代、「知事と一緒に稚魚を川に流そう」というイベントに駆り出された。「絶対芸人としてやったらあかん」と考えたコバは子供たちに向かって「放流するぞ!」とノックがやっているなか、ドロップキックを決め、「お前ら見とけ! 今からこのタコ、川に放り込んだらぁ!」と掴みかかった。

が、気づいたらSPの膝の下で寝ていたという。そのとき目を開けたら、ノックがその場を収めるため子供たちに向かって「タコ踊り」をしていたそう。コバ「そこで敗北感。芸人ってこうやねんって教えていただいた。これや、芸人は!って」。

蛙亭は、コンビ結成時、ネタをお互い見せ合おうとノート交換。中野はことわざを使った漫才を書いていたが「作りがちゃんとしてるだけで一個もおもしろくない」。一方、岩倉は「ボケだけのネタで作りがぐちゃぐちゃだった」という。そんなお互いを補うかたちでネタを作っていったそう。それが、現在は岩倉が設定や構成を考え、中野がアドリブでボケを返すというスタイルになっていったというのはとても興味深い。

『ぼる塾の煩悩ごはん』

先週の放送は蛙亭・岩倉がゲストの2週目。

この番組、1週目は「ごはん」についてのトーク中心だけど2週目はガッツリトークをするっぽい。

中野と組んだ理由を、NSCでなかなか相方が決まらず、そういう人たちを集めた「相方探しの会」での大喜利でウケずに落ち込んでいた岩倉に、中野が「岩倉さんじゃけえ? さっき大喜利おもれかったな」と声をかけたそう。「おもしろいって言ってもらえた。この人と組んだらずっとおもしろいと言ってくれるのでは?」と思い、そこから仲よくなって1カ月くらい毎日遊んだ末にコンビを結成。

そこで『あちこちオードリー』でも語られたように、お互いのネタを見せ合っていったという。この番組でナレーションを務める中野は「僕は初めて見たときからこの人だ!ってビビッときてたよー」と言う。

そんな中野は「中身はめちゃくちゃイケメン、だからめちゃくちゃモテる。9年コンビ組んでて今までずっと彼女が途切れたことがない」と岩倉。


『チマタの噺』

陣内智則がゲスト。

「気になるチマタ」で陣内が挙げたのは同期の元芸人。たむらけんじと「LaLaLa」を組んでいた大北は電話で出演。また、才能を惜しまれつつ引退した美濃昌輝がVTRで出演。週7で遊んでたという。

「陣内とは一緒に夢を語り合うというよりだいたい『桃鉄』をやっていた」と語る美濃。彼の解散ライブに同期のみんなが仕事を終えて集まってくれた。お客さんが帰って「最後だな……」と舞台上に座ってた美濃の隣にいつの間にか座り「おつかれさん。俺も解散したから気持ちわかるよ」と声をかけてくれ「戻ってきていい人間と戻らないほうがいい人間がいるけど、お前は戻ってきていい人間やと思うぞ、俺は」と母性あふれる言葉をケンドーコバヤシに投げかけられたそう。

「陣内さんじゃないんですね?」とスタッフにツッコまれると、さすが元芸人、「あいつは桃鉄やってました」としっかりオトす。

明日観たい番組:『あのときキスしておけば』など、3つの注目ドラマスタート

『かりそめ天国』(テレ朝)「最新の文房具がスタジオ勢ぞろい」。

『脱力タイムズ』(フジ)次長課長・河本&北乃きい。

『ネタパレ』(フジ)吉住、ラランド、レイザーラモン、アントワネットら。

『タモリ倶楽部』(テレ朝)「超高性能フライトシミュレーターで里帰り」。

『ドキュメント72時間』(NHK)「奄美 海上タクシーに乗って」。

『人志松本の酒のツマミになる話』(フジ)ウエンツ瑛士、パンサー尾形、紗栄子、山崎まさよし。

『A-Studio+』(TBS)に奈緒。

芳根京子・主演『半径5メートル』(NHK)、松坂桃李&井浦新&麻生久美子『あのときキスしておけば』(テレ朝)、小泉孝太郎・主演『警視庁ゼロ係シーズン5』(テレ東)スタート。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太