新川優愛、結婚相手との出会いを再現『脱力タイムズ』で上質な謎解き体験(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


「ヘイ、ベイビー!」と話し始める人といえば?

『脱力タイムズ』

ゲストは新川優愛とサバンナ高橋。番組冒頭、謎解きが好きな高橋のために、問題を用意した新川。だが「フリップをおうちに忘れてきた」ために、あとから編集で差し込むテイで問題すらない状態で答えを解くことになり困惑する高橋。本編に入り討論をしていると思ったら、高橋が出演している『ザワつく!金曜日』とまったく同じやりとりを再現していた全力解説員。「良純してる!」という高橋のツッコミが汎用性皆無。

さらに『かりそめ天国』や『半沢直樹』などのやり取りも再現。芸術の秋という話題から「アリタさんの家に絵が飾ってあった」「じゃがいもみたいな名前の人」などと言い出す解説員たち。そこにアリタが「ヘイ、ベイビー!」と入ってきて「それはシャガールの絵のことじゃない?」聞く。

「『ヘイ、ベイビー!』って誰や?」と高橋が考えあぐねる中、新川が『ちびまる子ちゃん』と指摘する。「花輪くんやったんか!」「気づきたかったわー」と高橋が言うのと同じリアクションを、見ている自分もしていた。

番組の最後、新川が出演するドラマのグッズをプレゼントすることに。だが、またもグッズをロケバスに忘れてきてしまった新川。ドライバーに電話しようとするスタッフを「でも、あんまり知られたくないものなので、できれば直接やり取りしたいなって思うんですけど」と新川。

これは結婚相手との出会いのエピソードのやり取りの再現! 冒頭の「忘れ物しやすい」という話が伏線になっていたとは。よくできた謎解きのような読後感。

『タモリ倶楽部』

東京03飯塚が進行役の「バナナの皮よりスベる皮、全部スベるまで帰れません!」にぺこぱ、トム・ブラウン。「タモリ倶楽部初登場。スベって登場。悪くないだろう!」とスベリながら登場した松陰寺に「いいねぇ、新人らしいねえ」とタモリ。「ツッコまないというスタイルはどうですか?」と聞く飯塚に、タモリは「いや、いいよぉ。なんでもかんでもツッコめばいいってもんじゃないからね」。飯塚「僕、見て言われるとなんか心苦しい」、松陰寺「いろんな形があるんですよ」、飯塚「何、励ましてるんだ!」。

このところ『ロンハー』を始めとして、よく「迷いがある」という立ち位置で出ることが多かった松陰寺だけど、この日はとにかく積極的に前に出ていたのが印象的。タモリ「名倉に似てるな」、松陰寺「よく言われます」。

トム・ブラウン布川は、みちおが2~3カ月前に彼女にフラれたことを暴露。その原因を「彼女がもっと会いたがっていた」と語るみちおに、「何その色男スタンス?」と飯塚。布川「(みちおは)自分のルックス、いまだに中の上だと思ってる」

『アメトーーク!』

今田耕司率いる「お肌よわよわ芸人」。対するMC側ゲストには東野幸治、ということで今田vs東野のWコウジ対決が『アメトーーク!』で実現。

「テレビの前の(出川)哲ちゃんが期待しとるがな」と企画そっちのけで盛り上がるふたりのトークがやはり抜群。番組の最後には、収録中に出演者がどれくらい体を掻いていたかを集計したものを発表。おもしろい試み。

3位(フジモン)でさえ、124回もという結果に驚く。そして398回でダントツの1位になったのはもっとも軽度だとトークしていたサバンナ高橋。意外でもあり納得感もあった。多分、「お肌よわよわ」というより精神的に繊細な部分からなのかなと。

今日観たい番組:野田クリらの「ゲーマーの異常な愛情」など

『99人の壁』(フジ)は「アニメSP」。

『勇者ああああ』(テレ東)は野田クリスタル、ノブオらによる「ゲーマーの異常な愛情」。

『あざとくて何が悪いの?』(テレ朝)にDJ松永。

『伯山カレンの反省だ!!』(テレ朝)はバイきんぐ西村、じゅんいちダビッドソンと「キャンプに挑戦だ!」。

『ゴッドタン』(テレ東)は「企画オーディション」。

翌朝の『ボクらの時代』(フジ)は関根勤、小堺一機、柳沢慎吾。



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太