ロンブー亮“あの会見”のパロディに「ここで号泣」のカンペ(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


亮「スタッフが親なら、ゲストは子供だと思っています」

『脱力タイムズ』

ゲストと全力解説員の中で、ルーレットに当たった人が「国民の怒り」を代弁する企画。すると「芸能人の不祥事」問題に関する怒りで、ゲストのロンブー亮が当たってしまう。「僕が言うのもなんですけど……」とちゃんと怒ることができない亮。そのため番組が「代役札」を用意し、代わりに怒ってくれる人物が登場する。代役とはわからないように、亮に似た短髪で金髪の人が用意されており、出てきたのは神取忍や厚切りジェイソンら。「不祥事への甘さ」問題では、亮と共に謹慎したガリットチュウ・福島や天津・木村が代役として登場してしまう。

さらにゲストの柳楽優弥が、発売中の自著『やぎら本』の告知を2回しようとしたところをスタッフに止められ、アリタは「本人に告知をさせられないなら、我々がやってあげよう」と亮を別室に誘う。向かった先には記者が集まっており、会見のような雰囲気に。

「もう一度告知をやらせてほしいと私がスタッフに言ったところ、『ほかの奴らは全員出ろ』と」「『そんなに告知がしたいんだったらええよ、やれよ』と。『そのかわりお前ら全員クビにしたる』と言われました。それで勝手に会見を開かせていただいてます」。あの会見を完全パロディにした告知会見となり、亮には「カンペ読めばいいから」とつづきを促すアリタ。

「番組がファミリーなら、スタッフが親だとするならば、ゲストは子供だと思っています」などと読み上げる亮。そして「ここで号泣」というカンペ。最後にアリタが「自分の行った記者会見を自らパロディにしてふざけてやるってことは、許されないと思います」と涙声で。エグ過ぎる!

『タモリ倶楽部』

自宅で遊べる鉄道企画をプレゼン。市川紗椰は鉄道同様に好きな相撲と組み合わせた「鉄道紙相撲」。最初は懐疑的だったタモリが誰よりも白熱しているのがとてもいい。伊藤壮吾は自身がコレクションしているポケット時刻表を使ったUNO。最後の1枚になったときは「UNO」ならぬ「終電」と叫ぶ、「パス」は「パスモ」と言うなど、やっていくうちにみんなのアイデアでゲームがより鉄道っぽくなっていくのがいい。

『シンパイ賞』

電流や虫がNGだという粗品。タモリもやっていたという流れで「電気NGにしたいから『R-1』がんばって獲ったんで。タモリさん『R-1』獲ってないじゃないですか」「虫とかをNGって言うために『M-1』がんばって獲ったんで。タモリさん『M-1』獲ってないじゃないですか」。

四千頭身は、この番組の温泉宿ロケで都築が宿主にキレられたのが好評で、ほかの番組でも「事あるごとに、僕を年配の方と絡ませては怒らせようとしてくる」と都築。ロケの台本が、『シンパイ賞』のVTRを文字起こししただけのような番組すらあったという。これに対し、後藤は「あのロケを超えられないから小さい声で『まんまじゃん』とか言ったりします。編集中に気づけと思って」とギリギリの反抗をしているのがとてもいい。

『プロフェッショナル』

黒柳徹子の回。タモリによる黒柳徹子評が完璧だった。

「自分のペースが完全にでき上がっている。ですから僕なんかが真似してもできないんですけども。聞く側に回るとどうしても相手のペースに合わせたり、向こうのほうにちょっとすり寄ったりするんです。でもあの方は本当に毅然として自分のペースでのおしゃべりになって、そのペースにゲストが合わせていくという珍しいパターン。本当に、いわゆるあれは『徹子の部屋』なんですね。そこにみんな入っていって、徹子のペースに巻き込まれていってしまう」。

今日観たい番組:『キングオブコント』決勝など

『お笑いの日2020』(TBS)8時間生特番。最後を飾るのは『キングオブコント』。決勝進出者はうるとらブギーズ、空気階段、ザ・ギース、GAG、ジャルジャル、ジャングルポケット、滝音、ニッポンの社長、ニューヨーク、ロングコートダディ。

『SONGS』(NHK)にV6。

『探シタラTV』(テレ朝)は「事務所対抗!次世代お笑いスター発掘SP」。

『伯山カレンの反省だ!!』(テレ朝)は齋藤飛鳥&島田秀平回の未公開トーク集。

『ゴッドタン』(テレ東)はパンサー尾形の「マジギライ」。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太