“テキトー一笑懸命”。香取慎吾の真髄が詰まっていた『あさイチ』(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


香取「タモリさんの影響もあります。『いいとも』のレギュラー20年くらいやっていたので」

『あさイチ』

ゲストに香取慎吾。華丸・大吉は一緒に仕事をした人からコロナ陽性者が出たということで欠席。「いつも笑顔でいられるように心がけていることを教えてください」という視聴者からのメッセージに、「心がけて……は、作れないですかね、笑顔は。……うーん…………」と長い間が空くと「なんか、あの、(笑)、ごめんなさい、すごい楽しくなっちゃって」と笑う香取。

「こういう間とかも平気でいることが。こんな間があると緊張しちゃいそうですけど……どうでもいいんです。“テキトーに一笑懸命”生きてるんですよ。それが好きな言葉で。“テキトー”って大事で、一生懸命って書くときも一“笑”懸命って書くんですね。その前にカタカナでテキトーって書くんです。そんなにがんばってないんですけど、がんばりたい思いはあるんだけど、笑っていたいみたいな」

その回答の内容はもちろん、その答え方にも香取慎吾の真髄が詰まってるなあと思った。香取「タモリさんの影響もありますよね。17歳から『いいとも』のレギュラー20年くらいやってましたから。楽しむっていうのが。『がんばってくるね』って言うのも好きじゃなくて『楽しんでくるね』って」。

『タモリ倶楽部』

「こんなところに日本人ママ」。シンガポールでスナックを開いている日本人ママ。彼女がマスクを外した際、「2代目タイガーマスクを超えましたよ」と麒麟・川島。マスクも衣装に合わせてコーディネートしてるとタモリが褒めると、ママは下着っぽいマスクをあえてしているのだと説明。タモリ「私も昔、よくパンツ被ってましたけど。平和の象徴だよね」。

『MIU404』

本当にスゴいドラマだった。「俺はお前たちの物語にはならない」というセリフに痺れた。『MIU404』×『アンナチュラル』で「機捜」と「UDIラボ」がガッツリ共闘する2時間(以上の)特別編はなんとしてもやってほしい。

『脱力タイムズ』

前週とゲスト(四千頭身・後藤&磯村勇斗からジャンポケ斉藤&水川あさみ)を変えただけで、まったく同じ内容をやるという前代未聞の“実験”。前週は最後、漫才を披露するくだりで後藤の“相方”としてジャンポケの太田とおたけが登場。今週は斉藤の“相方”として四千頭身の都築と石橋が(おたけが予定外のことをした“らしい”部分も再現)。収録を終えて後藤「なんで全員がどっちも観てると思ってるんですか?」。

今日観たい番組:国内バカンス旅の『有吉の夏休み2020』など

『99人の壁』(フジ)、「鉄道旅SP」。

『有吉の夏休み2020』(フジ)、今年は国内でバカンス旅。

『激レアさん』(テレ朝)は「軽い気持ちで『注文から24時間以内に漫画全巻揃えて発送します!』というサービスを始めたばかりに、日本中の古本屋さんを回る地獄の日々を送った人」。

『サンパチスター』(テレ朝)、芸人が書いたネタをアニメキャラが演じるネタ番組。

『伯山カレンの反省だ!!』(テレ朝)は島田秀平リベンジ。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。
    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太