『ガキ使』にて「稲垣吾郎の100のコト」。サービス精神あふれる回答続出(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


『サンジャポ』にて太田「社会から抹殺しなきゃいけないみたいになっていっちゃうと、どうしていいかわからない」

『サンジャポ』渡部の不倫の件で、女遊びは「芸の肥やし」という考え方に対して「ひとつのたとえ」でしかないと太田「人間関係のいろんな機微を経験するっていうのが芸に生かされるっていうこと」。報道が本当なら渡部は自分だけが気持ちよくなっているだけで人と人との交流になっていない、と。「要するに、相手をどんだけ喜ばせるかってことを色々工夫するのがお笑いであって、お客とここ触ったらどうですか、こうなったら感じますかっていうことを常にやっていくのがお笑いであって。それが芸の肥やし」

一方で最近の風潮にも警告を発する。「『サンデー・ジャポン』も我々の漫才のネタも、世の中で起きている三面記事的なこととか安倍さんのこととかも、茶化すってことが、最近、シリアスに受け取られちゃうことが多くて。俺は思想なんか漫才に込めてるつもりはないのに、安倍さんの名前を出しただけで、太田は安倍を批判したとか、あるいは擁護したとか(言われる)。『文春』も、それがど真ん中のことになってしまって、こういうことがあると社会から抹殺しなきゃいけないみたいになっていっちゃうと、どうしていいかわからない」。

『ガキの使い』稲垣吾郎に100問の質問をしてその回答を当てる「稲垣吾郎の100のコト」。特技は「初対面で人の本質を見抜く」、子供のころの夢は「刑事」。「クリント・イーストウッドになりたかったんです。ダーティハリー」など、ちょっとひねった回答が多くなかなか当たらない。座右の銘は「人に期待をしない」、SMAPの曲で一番好きなのは「夏日憂歌」など味わい深い回答も。尊敬する人物は「半同居人のヒロくん」。どんな存在なのか問われ「お父さんのようでもあり、親友でもあり」と答え「時には恋人のようであり」とニヤリとしてつけ加える。深読みの余地を与えるサービス精神。

『伯山カレンの反省だ!!』、ナイツがゲストで浅草の師匠たちを紹介。カレンが彼らを知らないのは想定内だったけど、伯山が「ものまね四天王」の括りを知らないのが意外だった。逆に“元祖ものまね四天王”(はたけんじ、佐々木つとむ、森野ひろし、鯉川のぼる)は「俺、前の4人は知ってます」。「もしも」シリーズの元祖ははたけんじだそう。しかし「カレンさんが(興味なくて)スタジオを出そうな勢いです(笑)」と伯山。塙「補足しておくと鯉川のぼるは中津川弦の師匠です」。これは知ってるだろうと名前を出したおぼん・こぼんについてもカレンは「当たり前のように言われても…」と困惑。仲が悪いという話にその解決策としてひと言「解散されるのが一番」。

滝沢カレンは、ナイツが恩人だという。まだテレビに出ておらず出たいなと思っていたときに、ナイツの「ヤホー漫才」を観て「世界って間違えてたっていいんだ」と心が楽になったのだそう。伯山はナイツがラ・ママに出て野球漫才をしていたころに観客として観ていたという。そのころを振り返って塙「まじめな話すると、オードリーが急に変わったんですよ。急にあのスタイルになったときに、形をギュッと作ったほうがいいなって。それぐらいから焦り出しましたね」。

『世界一受けたい授業』、「世界一ライブラリー」で『木曜スペシャル』を特集。「逆ドッキリ」を受けた元祖は玉川良一とのこと。クマの着ぐるみで驚かすというドッキリにホンモノと思われ銃で撃たれそうになるというもの。米軍空母エンタープライズの回を手がけた伝説のディレクター佐藤孝吉(筆者がこの方に取材できたのは最高の思い出)も登場! 『ウルトラクイズ』(この立ち上げも佐藤孝吉)の映像はやっぱりワクワクする。最後に紹介された脱獄囚ビックスとスリッパー刑事の回(これも佐藤孝吉だったはず)、全編観たい!

今日観たい番組:『しゃべくり007』にみちょぱ親子が登場

『ストーリーズ』(NHK)は「誇り高き悪魔 KISSジーン・シモンズ」。

『しゃべくり007』(日テレ)にみちょぱ親子と四千頭身。

『しくじり先生』(テレ朝)、「お笑い研究部」で「リモート番組で爪あとを残すを考える」後半戦。

『かみひとえ』(テレ朝)はナイツ、四千頭身、ミルクボーイ、トレンディエンジェル、U字工事、とろサーモンが既存ネタに3ワードを即興で入れる漫才。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。
    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太