ブサイクな体型で笑わせることに逃げなかった、有吉弘行のカッコよさ(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


体毛を剃り、身体も絞って撮影に臨む有吉

『有吉クイズ』

第3弾になってもコーナーのラインナップがほとんど変わらないことに「会議せぇよ! まったく変わってない!」とせいやがツッコむなか、ほぼ唯一の新クイズが「ウソ発見器クイズ」。せいや「めちゃめちゃ古いテレビ、パクってる(笑)」。

恒例となった有吉のプライベートクイズでは、まさかのSMショップ「セビアン」に。「アナルジュエリー」がテロップつきで紹介される地上波テレビ。商品を見ながら「(SMは)大人の嗜みですよね。お互いが成熟してないとこういうことはできないから」などと語る有吉。そのまま撮影スタジオに入ると、そこにいたのはなんとレスリー・キー。石田えりのような写真を撮りたいと、SM系の衣装を身につけポーズを決める有吉。最後は「セビアン」で購入したドッグマスクも被って撮影。2時間で500枚以上の写真を撮られ、「いつの間にか脱がされちゃいました」。

この日のために体毛を剃り、おそらくは身体もしっかり絞ってきた有吉。だから本当にその写真が『VOGUE』っぽさすら出るほどカッコいい。写真集が欲しい! ブサイクな体型で笑わせることに逃げなかったからこそ出る、得も言われぬおもしろさ。せいや「テレビの歴史で初めてちゃう?」、みちょぱ「これをテレビで流すんですか?」。

『勇者ああああ』

「巻き戻しノーミスチャレンジ〜スーパードンキーコング編〜」。GAGのひと組で30分という「超ストロングスタイル」。プレイするのはほぼ宮戸。いつも事前の練習が功を奏して活躍する宮戸は「予習する大事さを知りました」などと言われるそう。淡々とほとんどミスなく進み、「家で実況を観るような」状態になるアルピーたち。平子がダラダラとふわっとした無駄話をすると、宮戸は「始発待ってる?」「居酒屋の終盤戦みたいな会話」と秀逸なツッコミ。

結局、ネタ披露を含めわずか1時間59分でクリアし「今日を機会に予習をやめようか」という宮戸。いつも予習を褒めてくれるスタッフからも「『そこまではちゃうよ』みたいな空気出されたんで」。

『フリースタイルティーチャー』

レイザーラモンRGvsカミナリたくみの対決。「先輩だから」という理由で「先行」を選んだRGに対し、たくみの「先輩だから先行? ネタ仕込んできたから先行選んでるだけだろ」というディスが見事だった。

今日観たい番組:「たまには脳を休ませたい」企画など

『チコちゃんに叱られる!』(NHK)は72分拡大版。ゲストは笑福亭鶴瓶、天海祐希。

『ネタパレ』(フジ)にもムラムラタムラ登場。

『脱力タイムズ』(フジ)に伊沢拓司&三浦奈保子。

『A-Studio+』(TBS)に菅田将暉。

『アナザースカイII』(日テレ)に増田貴久。

『くりぃむナンチャラ』(テレ朝)は「たまには脳を休ませたい」後半戦。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。
    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太