激昂するパンサー向井の叫び「尾形さんは1個も持ってない!」(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


尾形の「僕らが薄れちゃう」に向井のスイッチが入る

『あちこちオードリー』

パンサーと佐藤栞里という「『有吉の壁』の宣伝のよう」なゲスト。その『有吉の壁』で、尾形が佐藤栞里の足に噛みついた伝説の「尾形フィッシュ」について「両親も喜んでた」と笑う佐藤。尾形は「あれは栞里ちゃんが足を出してくれたんですよ。僕もいいのかな?って一瞬思ったんですけど、有吉さんをパッと見たらこうやった(うなずいた)んです」と痺れる回想。

春日はパンサーのことを「1+1+1」が掛け算でも引き算でもなく「ちゃんと3になっている」と評する。そんななか、向井の不満が爆発しているのがおもしろかった。テレビに出始めのころ、男前ランキングでトップだったこともあり、ディレクターからNON STYLE井上のような返しを求められたという。それに対し「は? 人格変えさせられんの?」と。

こうしたエピソードに対し、尾形が「(向井の)黒い部分が出るようになってきて」と話し始める。よかったという流れと思いきや「僕らが薄れちゃうじゃないですか。悔しいですよね」とまさかの反応。これに向井のスイッチが入る。「俺は尾形さんのこんなエピソードがありましたとか、こんな人なんですよとかけっこう話すんですよ。(尾形は)1個もしゃべらない! 1個も持ってない!!」。

こういう話をすると「尾形のおかげだ」「お前が人間的におもしろくないから尾形を利用することしかできない」という意見が来るという。「組んでみろや!」と激昂する向井。「尾形さんに超助けられてるし、尾形さんがいたから今の俺たちがいるのも全部わかってるんです、そんなことは。その上での話をしてるんですよ!」。

『ロンドンハーツ』

「M-1から8ヵ月 ファイナリスト中間報告」ということでミルクボーイ、かまいたち、ぺこぱ、すゑひろがりずが集結。「8カ月でシュウペイは落ち着いたしゃべりになってきた」と有吉が指摘するように、シュウペイがすっかり落ち着いたキャラに。

逆に『ロンハー』ドッキリ企画で「あんなにシュウペイの背中が大きく見えたことはなかった」と自信を失ってしまった松陰寺。立場が逆転。以前の放送ではシュウペイに絡まれ困惑していた濱家が、今度は絡んでこないことに困惑。濱家「シュウペイが自我を持ち始めてる(笑)」。

『テレビ千鳥』

ロッチ中岡の考案企画「桃太郎選手権」。読み方だけで「桃太郎」をおもしろくするというもの。挑戦した麒麟・川島に「20年くらいの付き合いやけど、一番スベった」と大悟。すると中岡がスタジオからまさかの逃亡。とにかく芸人がわちゃわちゃ遊んでいる感じでずっとくだらなくて最高だった。ノブコブ吉村「これ、深夜稽古じゃないですよね?」。

今日観たい番組:ヒコロヒーや蛙亭も『有吉の壁』に

『水曜日のダウンタウン』(TBS)は「農家に勧められたらどんなものでも皮ごといっちゃう説」「すれ違いコント、今ならしれっと自分のものに出来る説」「ボディビルの掛け声、芸人がやったらもっと面白くなる説」。

『有吉の壁』(日テレ)は「2時間ドラマの壁を越えろ!水曜サスペンス劇場」など。ヒコロヒーや蛙亭も登場。

『家、ついて行ってイイですか?』(テレ東)は「南の島SP」。

『TOKIOカケル』(フジ)に城田優。

『バナナサンド』(TBS)に乃木坂46。

『お願い!ランキング』(テレ朝)「太田白山」にガンバレルーヤ。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。
    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太