阿佐ヶ谷姉妹・美穂、『座王』決勝戦で絶対王者の笑い飯・西田を破る(てれびのスキマ)

73
2020.7.7


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。

相方の江里子が美穂の優勝に号泣

TVerで『座王』。Bブロックには、阿佐ヶ谷姉妹と3時のヒロインという女性芸人5人が参戦。Aブロックの戦いを副音声的なトーンでおしゃべりしながら見守る阿佐ヶ谷姉妹がまず可笑しい。決勝に進んだのは「絶対王者」笑い飯・西田と阿佐ヶ谷姉妹・美穂。「1分トーク」対決で、ほっこりした日常の話を披露。

その普通の芸人トークとはまったく違う種類のおもしろさに「なんやこの話!」とジュニア。対戦相手の西田も「えー、どうしたらええの?」と困惑。結果、美穂が吉本以外からは初の「座王」に。「100回やっても全部負ける気がします」と絶対王者の西田。美穂の優勝に江里子のほうが号泣。声を震わせながら「本当に夢のようですね」。

『しゃべくり007』に千鳥。意外にも番組初登場。大悟の「昭和感」が女性たちに人気だという話題で、「(大悟は)ちゃんと朝5時まで飲んでくる」とノブが証言。そのまま寝ずに朝8時からロケをこなすそう。酒が残り、目が真っ赤っ赤。それをたとえてノブ「わしゃ、今日1日、金目鯛とロケするんか!」。

大悟は仕事に行く前、トイレで「ヴェ~」とえずいていたら、奥さんからノックされ「もう子供、そのイメージしかないよ」と言われたそう。「『お酒は水で洗える』ってことを筋兄ぃ(玉袋筋太郎)に教えてもらったんです」。

コンビの仲のよさも魅力のひとつという話題で、「昔から漫才終わってウケなくても『お前あそこ、こうせい』とか1回も言ったことない」という大悟「全部、お客のせいにしてました(笑)」。

撮れ高モンスターの千鳥にボツネタ企画をやってもらおうという企画に、ノブ「大トガリ作家でも入った?」。

『青春高校』に鬼越トマホーク。ケンカを止めた三四郎に「うるせーな! なんで千鳥とかバカリズムが抜けてお前らが残ってるんだよ!」「本当は思ってないと思うんですけど、テレ東の温情で残ってるだけなんで、あんまり調子のんないほうがいいって」。「ヤンキー王決定戦」で女子生徒たちにキレられてうれしそうな鬼越・坂井。

今日観たい番組:『フリースタイルティーチャー』がスタート

『あちこちオードリー』(テレ東)にファーストサマーウイカ、宮下草薙。

『テレビ千鳥』(テレ朝)は「花冠を作りたいんじゃ!!」。

『チマタの噺』(テレ東)にさかなクン、『石橋、薪を焚べる』(フジ)に清原和博。

『フリースタイルダンジョン』の後継番組『フリースタイルティーチャー』(テレ朝)がスタート。

多部未華子&大森南朋の『私の家政夫ナギサさん』(TBS)がスタート。


『アルバムって覚えてる?』プリンスの言葉がずっと頭の中に渦巻いていた――西寺郷太インタビュー(PR)
  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。
    【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ