「おもしろかったエンタメランキング」結果発表!バラエティ、ドラマなど各ジャンルで1位になったのは?

文・編集=QJWeb編集部


QJWebで実施したアンケートより、「2021年おもしろかった○○」の結果を発表します。たくさんの投票ありがとうございました。読者が2021年に最もハマったエンタメとは?

※アンケート実施期間:1月15日~2月15日 有効回答数:480


一番おもしろかったバラエティ番組は?(配信も含む)

1位 『水曜日のダウンタウン』
2位 『有吉の壁』
3位 『M-1グランプリ』

そのほか、『あちこちオードリー』『テレビ千鳥』『ラヴィット!』『マヂカルクリエイターズ』などが上位にランクイン。

「おぼん・こぼん THE FINAL」や『ラヴィット!』とのコラボ企画など今年も多くの話題を呼んだ『水曜日のダウンタウン』が1位を獲得。さらに2位には僅差で「ブレイクアーティスト選手権」などが注目を集める『有吉の壁』がランクインした。

『水曜日のダウンタウン』を特集した『クイック・ジャパン vol.134』(太田出版/2017年)

【関連】「おぼん・こぼん THE FINAL」はドキュメンタリーの大傑作だった。解散を乗り越え19年ぶりの漫才を披露

一番ハマったドラマは?(配信も含む)

1位 『大豆田とわ子と三人の元夫』
2位 『最愛』
3位 『真犯人フラグ』

そのほか、『恋です!ヤンキー君と白杖ガール』『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』『コントが始まる』などが上位にランクイン。

松たか子主演、坂元裕二脚本の『大豆田とわ子と3人の元夫』が大差で1位に。さらに現在も放送中で、QJWebでも考察連載を行っている『真犯人フラグ』が3位となった。

【関連】考察『真犯人フラグ』全話レビュー


一番、ハマったYouTubeは?

1位 『ランジャタイぽんぽこちゃんねる』
2位 『さらば青春の光Official Youtube Channel』
3位 『見取り図ディスカバリーチャンネル』

そのほか、『OWV』『東海オンエア』『かまいたちチャンネル』『すゑひろがりず局番』などが上位にランクイン。

ランジャタイ、さらば青春の光、見取り図とお笑い芸人のYouTubeチャンネルがTOP3。そのほかにも、かまいたちやすゑひろがりずなどお笑い芸人のYouTubeチャンネルに票が集まる中、YouTuberの東海オンエア、4人組男性ダンスボーカルグループOWVのチャンネルも票を集めた。

ランジャタイ
ランジャタイ(撮影=加瀬健太郎)

【関連】次世代ボーイズグループ「OWV」が語る、男の“色気”。本質的なセクシーさをまとい、次のステージへ

一番ハマったアニメは?

1位 『鬼滅の刃』
2位 『呪術廻戦』
3位 『オッドタクシー』

そのほか、『東京リベンジャーズ』『王様ランキング』などが上位にランクイン。

昨年は「無限列車編」から放送が始まった『鬼滅の刃』が堂々の1位に。さらに2位には、昨年映画化された『呪術廻戦』、そして3位にも映画化が決定している『オッドタクシー』がランクインした。

「俺は長男だから」の炭治郎。『鬼滅の刃』<1巻>吾峠呼世晴/集英社
『鬼滅の刃』<1巻>吾峠呼世晴/集英社

【関連】『「鬼滅の刃」遊郭編』と3つのアニメ作品から吉原遊郭の光と影を考察する


この記事の画像(全6枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

QJWeb編集部