錦鯉・渡辺は「次のオードリー若林」。芸人仲間が明かす才能、父との同居、異常なVTuber愛

2021.12.25
優勝会見での錦鯉・渡辺隆(C)M-1グランプリ事務局

(C)M-1グランプリ事務局 文・編集=QJWeb編集部


『M-1グランプリ2021』で優勝し、17代目王者となった錦鯉。長谷川雅紀が50歳、渡辺隆が43歳。涙の栄冠は多くの感動を呼んだ。

錦鯉の漫才といえば長谷川のバカバカしさが魅力だが、渡辺のツッコミもお笑い芸人たちからは高い評価を得ている。わかりやすいキャラクターの相方とは違い、まだまだ人物像が世間に浸透していない渡辺。ネタ中の姿からは想像できない、意外な一面を紹介する。


今でも一緒に暮らす父親の存在

優勝会見での錦鯉(C)M-1グランプリ事務局
優勝会見での錦鯉(C)M-1グランプリ事務局

優勝直後の会見で、感謝したい人物を聞かれた渡辺が真っ先に挙げたのは「父親」だった。2021年1月27日に放送された『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京)ではその父が出演しており、渡辺との関係性を見ることができる。

番組では、スタッフが江戸川区の銭湯で声をかけた男性について行き、4LDKの一軒家に到着する。部屋に飾られたカレンダーの12月20日には大きな丸印と「M-1決勝」という文字が書かれており、スタッフが尋ねると「せがれが出るんです」。この男性こそが偶然にも渡辺の父であり、そこは今も渡辺が暮らす家だったのだ。

番組の収録は『M-1グランプリ2020』決勝直前。そこで大会終了後に再度スタッフが訪れ、渡辺と父親に揃って話を聞く姿も放送された。「ほかの人間よりもおもしろかった。親のあれでね」と言う父に、「親のあれって言っちゃダメでしょ」と笑ってツッコむ息子。

それから1年。錦鯉のネタを誰よりも楽しみ、今回の優勝を最も喜んでいるのは、渡辺の父かもしれない。

VTuberの魅力は、相方・長谷川に通ずる

渡辺はレギュラー冠ラジオ『錦鯉の人生五十年』(GERA)など、各所でVTuber好きであることも公言している。過去のインタビューでは「今はまあまあお仕事いただいて忙しいんですけど、家にいるときはVTuber配信をつけながら作業している感じです」「YouTubeを開きっぱなしにしているので、休みの日とかはずっとつけてるかな。配信終わると次のに飛んだりするので、そのまま観たり」というコメントのほか、異様なほどのVTuberへの愛を語っている。

魅力について「リアルの人間と幽霊の恋愛みたいな、触れ合えないエモさとかあるじゃないですか。そういうのを含んでいるんじゃないかな。触れられないからいい」と熱弁。「VTuberはキャラの個性の強さがわかりやすい」と話す渡辺に、インタビュアー(たまごまご)が「(相方の長谷川さんは)キャラ立ちにVTuberっぽさを感じます」と問うと「そうですね。だから僕も惹かれたのかも」と答えていた。

錦鯉/最終決戦ネタ(C)M-1グランプリ事務局
長谷川はVTuberっぽい? (C)M-1グランプリ事務局

2021年4月10日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ)では、バイきんぐ小峠英二が「渡辺ってめちゃくちゃおもしろいんです。大喜利もトークもネタも、全部完璧に高いレベルでできるヤツ」と絶賛。5月20日放送『アメトーーク!』(テレビ朝日)「ソニー芸人」回では、ハリウッドザコシショウが「才能がすごい」「仕切りもうまいしトークもいけるし、“未来のオードリー若林”みたいになる」と語っている。

今後はさらにメディア出演が増えるであろう錦鯉のふたり。長谷川のキャラクターだけでなく、渡辺のお笑いポテンシャルが世間に知れ渡る日も近そうだ。

【写真】事前の『M-1』優勝予想ランキングを見る(錦鯉は9位でした)


この記事の画像(全25枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

QJWeb編集部

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太