俳優最速「139km」間宮祥太朗が『炎の体育会TV』で巨人の元4番と対決 上地雄輔「プロかと思った」

2021.6.24

6月26日(土)放送の『炎の体育会TVSP』(TBS)に俳優の間宮祥太朗が登場。球速139kmの“俳優最速ピッチャー”が、プロ野球界で華々しい記録を残したレジェンドバッターと対決する。


前回はラミレスと糸井嘉男から連続三振を奪った

今回、同コーナーに登場する間宮は、小学校から中学校にかけて野球をやっていた経験の持ち主。2019年には、甲子園球場で行われたプロ野球公式戦の始球式で139kmの豪速球を投じ、樽美酒研二(135km)や関口メンディー(133km)の記録を抜いて、芸能人最速記録を達成した(その後、ティモンディ高岸宏行が142kmを記録)。

今年1月の放送では、2000本安打を達成したアレックス・ラミレス(ヤクルト~巨人~DeNA)と、「WBCの4番」「首位打者」「ベストナイン」など、輝かしい実績を持つ糸井嘉男(日本ハム~オリックス~阪神)から連続三振を奪った間宮。今回のSPでは「元・巨人軍の4番」「日本シリーズMVP」「ベストナイン2回」など、超一流バッターばかり3名と対戦する。

ウォーミングアップで柵越えホームランを連発する3名に対し、間宮は「前回からさらに練習してきました! 絶対打たせません!」と、気合いじゅうぶん。持ち前の速球に加え、落差の大きいカーブなどの変化球で最強マスク・ド・バッターを翻弄し、キャッチャーを務めた上地雄輔は「マウンドで投げる間宮君を見ているとプロかと思った。感動する素晴らしいピッチングでした」と絶賛した。

さらに番組には、芸人最速記録を持つティモンディ高岸も登場し、同じく最強マスク・ド・バッターと対戦。「一球一球全力投球で心の190kmを出したいと思います」と、高校野球の名門・愛媛県済美高校のピッチャーとして活躍した実力を存分に発揮したピッチングを披露する。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太