綾野剛×星野源『MIU404』林遣都『世界は3で出来ている』『姉ちゃんの恋人』…コロナに負けてなかった<2020年ドラマベスト6>

2020.12.18
大山くまおサムネ

2020年、ドラマの世界もコロナ禍によって深刻な影響を受けた。4月7日に東京都などで緊急事態宣言が発せられると、大勢のスタッフが「3密」で働くドラマの制作現場は完全にストップ。ぽっかり空いてしまった放送枠を再放送などで凌ぐ状況がつづいた。

とはいえ、5月ごろからは3密を回避した単発の「リモートドラマ」がいくつも制作されて話題を呼び、連続ドラマの撮影が再開されると、巧みにコロナ禍の状況を織り込んだドラマも制作されるようになった。

ここではあまりにも特殊な1年だった2020年を記憶に刻むためにも、コロナと関わりが深かったドラマの中からベスト作品を選んでみたい。選んだ作品に順位はつけていないが、放送された日時の順で並べている。

<2020年コロナを描いたドラマベスト6>
・『2020年 五月の恋』(WOWOW/5月28日~31日)
・『世界は3で出来ている』(フジテレビ/6月11日)
・『MIU404』(TBS/6月26日~9月4日)
・『不要不急の銀河』(NHK/7月23日)
・『#リモラブ〜普通の恋は邪道〜』(日本テレビ/10月14日~)
・『姉ちゃんの恋人』(カンテレ/10月27日~)

「コロナを描いたドラマベスト6」選考理由を発表


この記事の画像(全3枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

大山くまお

Written by

大山くまお

1972年生まれ。名古屋出身、中日ドラゴンズファン。『エキレビ!』などでドラマレビューを執筆する。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太