生涯現役だったゲーム音楽の巨匠・すぎやまこういち先生に思いを馳せて

2021.11.5
岐部昌幸ジャーナル

文=岐部昌幸 編集=鈴木 梢


2021年9月30日、すぎやまこういち氏が90歳で逝去した。『ドラゴンクエスト』シリーズの名曲たちを手がけてきた人物として広く知られているが、フジテレビ在籍時には『ザ・ヒットパレード』を手がけるなど、多方面で日本のエンタテインメント業界に偉大なる功績を残した人物といえる。

本記事では、『ゲームセンターCX』(フジテレビONE)や『勇者ああああ』(テレビ東京)などのゲーム番組を手がける放送作家・岐部昌幸が、すぎやま氏が手がけてきた『ドラゴンクエスト』シリーズの名曲たちを紹介する。

【関連】「東京オリンピック2020選手入場曲、自分ならこれを選びたい」ゲーム好き放送作家・岐部昌幸が選ぶ名曲たち


すぎやまこういち先生、逝去

2021年は、ゲーム音楽にとって激動の一年となりました。
平和の祭典・東京オリンピックの開会式で演奏されたことで、日本のゲーム音楽に世界から注目が集まった一方、入場行進のトップを飾った楽曲『ドラゴンクエスト』の「序曲」を手がけた“すぎやまこういち”先生が去る9月30日、逝去されました。

すぎやま先生といえば、私たちゲームファンにとっては『ドラゴンクエスト』シリーズの楽曲を手がけた人物として有名ですが、フジテレビ在籍時代には音楽番組『ザ・ヒットパレード』を立ち上げ、有名歌手が一堂に会し、さらにほかの歌手の楽曲を歌うなどの前代未聞の演出や、カメラアングルを工夫してスタジオ広く見せるなど画期的な手法を取り入れ、現在の音楽番組の礎を築きました。
また、「亜麻色の髪の乙女」や「ハウス バーモントカレー」をはじめとする歌謡曲やCMソング、さらには有馬記念などで大きな拍手が沸き起こるJRAのファンファーレ、『伝説巨神イデオン』や『帰ってきたウルトラマン』といったアニメ・特撮のオープニング曲に至るまで、様々なシーンで私たちの日常に彩りを与えてくれた偉大な音楽家です。

その輝かしい歴史は私の愛読書『すぎやまこういちワンダーランド』にも記載されています。もし手に取る機会がありましたら、ぜひ、濃密なすぎやま先生の軌跡をお楽しみください。

WiLL (マンスリーウィル) 増刊 すぎやまこういち ワンダーランド 2011年 12月号
『WiLL (マンスリーウィル) 増刊 すぎやまこういち ワンダーランド 2011年 12月号』ワック出版局

今回は、すぎやま先生を偲んで……イチゲームファンとして、そして先生の作品を愛するイチリスナーとして、私の『ドラクエ』の好きな楽曲についてお話しさせてください。

『ドラクエ』を彩る名曲たちとその魅力


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

岐部昌幸

(きべ・まさゆき)1977年10月9日生まれ。群馬県太田市出身。放送作家としてバラエティ番組をはじめ、『ゲームセンターCX』『勇者ああああ』『よゐこのマイクラでサバイバル生活』などのゲーム番組や、ゲーム原作のアニメ脚本などを手がける。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太