文芸記者の発言が変「韓国文学の邦訳に、女性作家が多いのはなぜか」なんて男性作家だったら言わなくない?(書評家・豊崎由美)

2021.10.6
豊崎由美サムネ

文=豊崎由美 編集=アライユキコ


どこの国の小説だろうが、誰が書いたものだろうが、素晴らしいと思った小説なら、どこの国の作品だって、どんな人間が書いたものだって、紹介するんです、だって書評家ですから! 豊崎由美がネットの蒙昧な書き込みに怒る。さあ、読め!

コメント欄を廃止したほうがいいです

10月1日、Yahoo!ニュース コメント投稿数が急増しました。その中には、不適切な内容も散見されたため、記事ページやコメント欄などに注意書きを追加し、ユーザーのみなさまへのご協力をお願いするとともに、パトロールを強化しています

『Yahoo!JAPANニュース』「ユーザーのみなさまへのお願い ―コメントの投稿にあたって―」(2021.10.02)

眞子内親王の結婚が発表され、実は心労のため複雑性PTSDで苦しんでいたことを明らかにする記事のコメント欄に、読むと目が腐るような酷いコメントが溢れかえったのを受けて、慌ててこんな声明を出した『Yahoo!ニュース』に「ふーん、皇室絡みだと対応するのね」と呆れた方は多かったのではないでしょうか。遅いってんですよ。ずーーーっと前から、ヤフコメには差別と偏見と嫌がらせの文言がズラズラズラーーーッと並んでたんですから。もうね、これがいい機会。潮時。コメント欄を廃止したほうがいいです。

わたしも先月ここで韓国現代文学を代表する作家のひとり、チョ・セヒの『こびとが打ち上げた小さなボール』(河出書房新社)を紹介したら、ヤフコメ欄は「なんで韓国の小説なんか紹介するんだ」と嫌韓の輩どもの蒙昧な書き込みが溢れ、苦笑いを浮かべたことではありました。わたしはね、書評家なんですよ。自分が素晴らしいと思った小説なら、どこの国の作品だって、どんな人間が書いたものだって、紹介するんですよ。「なんで」とか訊くんじゃねえよ。『こびとが打ち上げた小さなボール』、読んでみろよ。読んで、偏見にこりかたまった脳みそをほぐしてもらえよ。

「韓国文学の邦訳って、女性作家が多いですよね」


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全6枚)


ARTICLE LIST

豊崎由美さんの関連記事一覧

豊崎由美さんの
新着・人気記事をお知らせします。