権力作家、ドル箱作家、面倒臭い作家の批判はしない、させない。それが出版界の暗黙の圧力と忖度です

2021.6.6
豊崎由美サムネ

文=豊崎由美 編集=アライユキコ


第30回日本映画批評家大賞で『私をくいとめて』でのんが主演女優賞を、大九明子が監督賞を受賞した。その授賞式における出来事から、書評家・豊崎由美が嘆くのは「強者への忖度」の問題。出版界でも、暗黙の圧力と忖度の存在が、久しく書評から力を奪っているから。そこで手に取ったのが『クラシック「酷評」事典』(ニコラス・スロニムスキー編)。今では名曲とされている楽曲が発表時にはこんな酷評も受けていたのかと驚きながら、忖度のない「酷評」の意義を考える。


主演男優賞にしか言及しない不自然

5月31日、日本映画批評家大賞の授賞式があり、のん(能年玲奈)さんが主演女優賞を受賞しました。ところが、「“フジテレビ視点”のエンタメ情報をお届け」すると謳っているアカウント「フジテレビュー!!」は、主演男優賞の結果はツイートしておきながら、主演女優賞については触れなかったんです。主演女優賞といえば主演男優賞と並んで映画賞の華であり、しかものんさんが受賞した作品『私をくいとめて』は大九明子さんが監督賞も受賞しているのですから、この主演男優賞にしか言及しないツイートは大変バランスを欠いており、なので、わたしは「なぜ、主演女優賞をスルーするんですか?」と疑問を投げかけたのでした。

質問には答えていただけなかったのですが、胡散臭いと思ったのはわたしだけではなく、凄まじい数の異論が寄せられたためでしょうか、ほぼ24時間後、『フジテレビュー!!』は取ってつけたように主演女優賞についてもツイートしたのです。

ざまみろ圧力忖度人間

皆さんもご存じのとおり、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロイン・天野アキ役でブレイクしたのんさんは、2015年に所属先のレプロエンタテインメントと揉めに揉め、すったもんだの末ようやく契約終了にまでこぎつけたのですが、その際「能年玲奈」という本名をレプロによって略奪されました。レプロのバックにあるのは業界最大手事務所バーニングです。なので、のんさんはその後、“制裁“というかたちでテレビや映画から干されることになり、雑誌でもほとんど姿を見ることができなくなりました。

もちろん、レプロは「自分たちは局に圧力なんてかけてない」と言い張るでしょう。しかし、ジャニーズを退所した元アイドルたちの例を見てもわかるように、大手芸能事務所を自分の都合で退所したタレントには暗黙の制裁が下されるんです。この“暗黙”のうちにはテレビ局やメディアによる強者に対する「忖度」も含まれます。

「みなまで言わせるな」「言わなくてもわかるでしょ?」。日本にはもともとそういう精神土壌はあったわけですが、喜ばしいことにネットやSNSの発展によって、徐々に強者による暗黙の圧力やメディアによる強者に対する暗黙の忖度は暗闇の中から引きずり出され、陽の光の下醜い姿を露わにされるようになってきています。

皆さんもご存じのとおり、のんさんはそんな制裁をものともせず、自分の事務所を作り、テレビ局やメディアの力に頼ることなく、独自の活動によって音楽や声優、俳優、ファッション、創作に邁進し、自分にとって気持ちのいい居場所を作ることに成功しました。ざまみろレプロ、ざまみろ圧力忖度人間、です。

映画『私をくいとめて』のんインタビュー(写真=時永大吾)

批判ってほんとにそんなにいけないこと?

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全4枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

豊崎由美

(とよざき・ゆみ) ライター、書評家。『週刊新潮』『中日(東京)新聞』『DIME』などで書評を多数掲載。主な著書に『勝てる読書』(河出書房新社)、『ニッポンの書評』(光文社新書)、『ガタスタ屋の矜持 場外乱闘篇』(本の雑誌社)、『文学賞メッタ斬り!』シリーズ&『村上春樹「騎士団長殺し」メッタ斬り!』..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太