『Rー1ぐらんぷり』と『ジャパンカップ』と『Rー1グランプリ』と(岡野陽一)

2020.11.28

『Rー1ぐらんぷり』から『Rー1グランプリ』へ

さて、ここからはG1の話ついでに『Rー1』の話を。

皆様は『Rー1ぐらんぷり』を御存知だろうか?
これは歯が少なければ少ない程知らないと思うので、最寄りのおじさんには聞かないように。

『Mー1グランプリ』は漫才の日本一を決める大会、『キングオブコント』はコントの日本一を決める大会。
『Rー1ぐらんぷり』は、ピン芸の日本一を決める大会である。

毎年、年末から予選が始まり、3月頭くらいに決勝がテレビで放送されるので、特にピン芸人は毎年お正月どころではない。

つい先日(11月25日)、今年も無事19回目となる『Rー1グランプリ2021』が開催される事が発表されたのだが、それには今までと大きく変更された点がふたつあった。

ひとつは、第1回大会から続いた平仮名表記の『Rー1ぐらんぷり』から、片仮名の『Rー1グランプリ』に変更になった事だ。

これについてはどうでもいい。
占い師にでも言われたのだろう。

これに怒ってる人がいるとすれば、「ぜんにほんひらがなほぞんかい」みたいな過激組織に属する人くらいだろう。

物議を醸しているのはもうひとつの変更点。
今まではどんな芸人でも出られたのだが、今年から芸歴10年以内の芸人しか出られなくなったのだ。

いつまでもあると思うな親と『Rー1』。

『Rー1』は、何歳でも出られる『ジャパンカップ』から日本ダービーになったのだ。

勿論、我々芸人なんて何にも食べなくてもゴシップだけ食べて1カ月は生き延びられるお下劣な生き物。
少し前からその噂でもちきりで、発表の時にはどのピンおじさんも覚悟は出来ていたと思う。

怒り狂って死ぬおじさん、絶望で白目剥いて死ぬおじさん、もう戦わなくていいと安堵して仏のような顔で死ぬおじさん……。
当初は、どこを見渡しても噂を聞いたピン芸人のおじさん達の死体の山で溢れ返っていた。

僕も借金返済のあてが無くなった絶望により、一度死んだおじさんのひとりだ。
しかし、おじさん芸人のいいところは死んでもすぐ生き返る事だ。
まわりにまだ死んでるおじさんピン芸人がいたら、酒を染み込ませた1万円札を額に貼ってくれれば、すぐに生き返ってネタを作るから試してみて欲しい。

我々はそういう生き物だ。

何の不平不満もない

お笑いファンの方々も、色々思うところはあると思うが、僕としては余りにも急で直前だった事以外は何の文句も不満もない。
僕みたいな次は何を空に飛ばそうか考えてるだけの科学者みたいな人間には文句を言う権利すらないが、この大会の為に必死に1年間準備してた仲間のおじさんの事を思うと胸が痛む。

少なくとも前回の大会が終わった時点で発表してくれてたらと。

金借り業界でも同じで、返済日を決めてるのにもかかわらず「急に金を明日返せ」と言って来るのは、「金を借りて飛ぶ」の次に悪い行為だとされている。

それくらい急はダメなのだ。

おじさんの強がりに聞こえるかもしれないが、その一点以外僕は本当に今回の決定には何の不平不満もない。
発表が急になってしまったのも理由があるだろうし、芸歴10年以内にするのも会議に会議を重ね、より良い大会にしようとした結果だと思う。
悪くしようとして莫大な時間をかけて会議する人はこの世にいない。

どっちがいいとかじゃない。
有馬記念には有馬記念のおもしろさがあるし、ダービーにはダービーのおもしろさがある。

不平不満どころか、毎年自分の好きなネタをやって500万が手に入るチャンスを与えてくれて、鶏肉をもう一度大空に飛ばしてあげるネタをゴールデンでやらせてくれた『Rー1』には感謝しかない。
『Rー1』があったから、コンビを解散してピンになった僕も『Rー1』を借金返済の明確な目標として頑張れたと思う。

【ピン芸人】岡野陽一「やさしさ」【コント】

人間、明確な目標がないと中々動けないもんだ。
誰か歯のある人が言ってた。

「バスケのゴールは見えるところにあるから毎日練習するけど、もしゴールが見えないくらい高いとこにあったら誰も練習しようとしない」

本当にその通りだ。
お笑いなんて特にそうだ。

数字にも出来ないし、うんこと言ってウケる日もあれば激しくスベる日もある。
しっこと言っておけば良かったと思っても後の祭り。毎日成長してるようで、養成所に入ったときのままのような気もする。

人によって一番おもしろい事も違うし、毎日一番ウケる人も変わる。

本当は点数などつけれるものじゃないけど、こんな毎日を過ごすと気が狂うので、誰か優しい人が無理やり点数をつけて作ってくれたのが、『Rー1』に限らず賞レースなのだろう。
我々は順位のつかない不確かな事を本当はずっとやらないといけないのかもしれない。

『Rー1ぐらんぷり』今までありがとう。

もう僕は大丈夫。

これから僕は去勢して、来年の女性芸人の日本一を決める大会『THE W』への出場を視野にネタを作っていこうと思う。

さて、『Rー1グランプリ』も明日の『ジャパンカップ』も楽しみだ。
明日はおじさんの馬に賭けてみようかな。


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全9枚)



岡野陽一

ARTICLE LIST

岡野陽一さんの関連記事一覧

岡野陽一さんの
新着・人気記事をお知らせします。