山本政志監督5年ぶりの新作『脳天パラダイス』に、コロナ禍の閉塞感を打ち破る希望を見た(末井昭)

2020.11.17

コロナうつなんか吹っ飛んでしまうかもしれない

この映画の撮影期間は2019年8〜9月で、構想からクランクアップまで5カ月という早さだったそうだ。ということは、コロナ禍に入る前に撮ったことになるのだが、コロナ禍による閉塞感を予感して、それを吹き飛ばすような映画にしよう、ということで作った映画のようにも思える。

撮影場所は、青梅市の高台にある大邸宅だ。よくこんなところがあったなと思うほどの大邸宅だけど、キッチュ感もそこそこあるのがおもしろい。まわりは住宅街なので、近隣の住民に配慮して撮影は終電ギリギリまでとしたそうだ。

あかね役の小川未祐は、中学時代からプロダンサーとして活動していて、彼女を中心としたダンスシーンが素晴らしい。近隣の住民に配慮してはいたが、ついつい盛り上がってしまい、このシーン撮影中に警察が駆けつけたそうだ(映画の中にも同じようなシーンがあっておかしい)。

映画『脳天パラダイス』場面写真
プロダンサーとしても活動する小川未祐のダンスシーン

山本監督のイメージがふくらみすぎて、それに連れて製作費もふくらみすぎた。気がついたら宣伝費や公開の費用などがなくなり、クラウドファンディングを実施した(300万円集まった)。その中で山本監督はこう書いている。

「脳天パラダイス」は、社会問題に鋭く切り込み深く考察する映画ではなく、感動の涙でヒューマンの鐘を鳴り響かせる映画でもない。しかし、観終えると、心のどこかに、明るいエネルギーが生まれたり、過剰な楽観性が芽をだしたり、正体不明の多幸感が降り注いだりする、様々な“脳天現象”が派生することは、東大物理学実験室の結果で判明している。(嘘)

山本政志監督5年ぶりの新作!『脳天パラダイス』の公開応援プロジェクト!(MOTION GALLERY)より

意味なんか考えないで、ただ笑って観ていられる『脳天パラダイス』。コロナうつなんか吹っ飛んでしまうかもしれない。

2020年11月20日から新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ他で全国ロードショー。観たら、キマる!

【公式】山本政志監督最新作『脳天パラダイス』予告編/2020年11月20日より全国ロードショー

この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全10枚)


  • 映画『脳天パラダイス』メイン

    『脳天パラダイス』

    2020年11月20日(金)新宿武蔵野館ほか全国公開!
    監督:山本政志
    脚本:金子鈴幸、山本政志
    撮影:寺本慎太朗
    振付演出:南流石
    メインテーマ:Oto
    (c)2020 Continental Circus Pictures

    関連リンク


ARTICLE LIST

末井 昭さんの関連記事一覧

末井 昭さんの
新着・人気記事をお知らせします。