「政治に対して声を上げない若者」を作ったのは誰か――都知事選と出てこないキッズ(古田大輔)

2020.7.3


発言が求められる国と、批判される国

自分たちの社会や将来を左右する政治について発言をしなければ、「あなたは何を考えているのか」と批判されかねない。政治に関わる発言をしたきゃりーぱみゅぱみゅやローラが「素人が口を出すな」と批判された日本とはまったく違う。

日本では投票率は世代が上がるほど高い傾向がつづいている。直近の2019年に選挙があった参議院で見てみると、20歳代の投票率はずっと40%を切っており、2016年から2019年にかけても35.6%から30.9%に下がった。60歳代も低下傾向にあるが、ずっと60%を超えている。

高齢化社会の日本ではただでさえ、上の世代の人口が多いのに、投票率でも差が開いているために、投票数は高齢者に偏る。選挙に勝つためには、政治家は高齢者のほうをむかざるを得ない。政治が高齢者中心になるいわゆる「シルバーデモクラシー」だ。

与野党の同世代の政治家たちと話すとこんな声を聞く。
「シルバーデモクラシーは別に選挙だけの話じゃない。地元で集会を開いても集まるのは高齢者ばかり。暮らしぶりや困っていることも、その人たちの意見を中心に聞くことになる。自然と価値観はそちらに引っ張られてしまう」

若者ではなく、その上の世代にこそ責任がある

東京では7月5日、都知事選の投開票日を迎える。新型コロナウイルスの影響で、街頭での訴えを制限せざるを得ず、そのぶん、ネットでのアピールが重要となる。

しかし、そこに若い世代の熱狂は感じられない。

ビリー・アイリッシュは5月30日から、アメリカで広がるBlack Lives Matter(意訳すれば「黒人も人間だ」)の運動に関するメッセージをInstagramに投稿している。それぞれに数万件、時には10万件を超えるコメントがつく。

View this post on Instagram

I WANT THINGS TO BE DIFFERENT

A post shared by BILLIE EILISH (@billieeilish) on

ビリー・アイリッシュのInstagramには多くのコメントが寄せられる

これだけの熱量の差が生まれているのは、若者当事者たちの違いというよりは、政治や社会に対して声を上げる文化を作ってこなかった世代(42歳になる筆者もそのひとりだ)に責任があると感じている。

だからこそ、今、変えていくべきだろう。その萌芽は日本にもある。大学生が自分たちでメディアを作り、芸能人の政治的な発言も少しずつ増えている。

たとえば、ジェンダー平等、セクシャルマイノリティの権利、自分たちにとって大切だと感じるテーマを自分のスタイルで語る動きがネット上には広がりつつある。もしまだ気がついていないとしたら、あなたがそれをまだ見ていないだけだ。

トーンズ・アンド・アイのミュージックビデオに出てくるキッズたちが掲げるメッセージには、こう書かれている。

WAKE UP 目を覚ませ

ACT NOW 今すぐ行動しろ

IF NOT NOW, THEN WHEN? もし今じゃないとしたら、いつ動くんだ?


この記事の画像(全2枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

古田大輔

(ふるた・だいすけ)ジャーナリスト/メディアコンサルタント 。 福岡県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。2002年、朝日新聞入社。社会部、アジア総局、シンガポール支局長などを経て帰国し、デジタル版編集を担当。2015年10月退社、『BuzzFeed Japan』創刊編集長に就任。ニュースからエンタテ..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。