空気階段、Creepy Nuts、星野源──2021年印象に残ったラジオを奥森皐月と振り返る

2022.4.7


思いを感じた『星野源のオールナイトニッポン』&『伊集院光 深夜の馬鹿力』

──普段ラジオを聴かない方々の間でも特に話題になったのは、やっぱり『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にオードリー若林さんがゲスト出演された回だと思います。おふたりがコラボして歌ったことは大きな話題になりましたが、実は、トークゾーンもすごく素敵でしたよね。

奥森 いろんな媒体で表現をされているトップランナーのおふたりが、会話をすることによって言葉に共感して、表現の歯車が合っていく感覚があって、次々といいフレーズが飛び交う様がよかったですよね。

──実際、その空気感がこちらにも伝わってくる感覚がありました。波長が合っていって、どんどん楽しくなっていく感じが。

奥森 情報で会話をしていない感じがありましたよね。感覚的なものが噛み合っていく感じ。それらを踏まえた上で、あの「Pop Virus feat. MC.waka」を聴いたときの気持ちよさったらない! そこまでの会話でいい空気が作られてきて、あの曲でバシッと決まる感じ、最高でした。いいラジオ聴いた!って感覚がとても強かったです。

──『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)「師匠との二人会」回が入ったのもよかったなと思います。

奥森 伊集院さんって、落語の話をされるときは普段のラジオとちょっと違うじゃないですか。スタンスというか、空気感というか。どちらがいいとかじゃなく、落語のことをちゃんとリスナーに伝えようとしてくださっている気持ちが伝わってくるんですよね。落語に親しみのない人も興味をそそられるような話し方をしてくださる。一見するとラジオと落語って離れたものですけど、意外と地つづきなものなのかもしれない。そういったことも感じられる、貴重な回だったなと思います。

──あの回は、普段のレギュラーコーナー企画もやらなかったんですよね。結果的に2時間丸々トークの回になりました。

奥森 ラジオリスナーたちはどうしてもイレギュラーな出来事が好きだと思うんですけど、それはいつも聴いているからこそ特別に感じるからなんですよね。最近はラジオの注目度が高まっているので、世間的に話題になったニュースに紐づいた放送回が特に注目されているかもしれません。ラジオで注目度の高い発言や出来事があったら、翌日にはもうニュースになっていて、radikoのタイムフリーを使えば聴けますから。

でも、プラネット賞で票が集まるような放送回は、世間的に話題になっただけではないんですよね。放送前から注目度が高まっていながら、放送では普段から聴いているリスナーに寄り添った話をしてくれる。だからこそ聴いている人の印象に残りやすいんだと思います。純粋に「ラジオ楽しい!」と思った人が票を入れて、受賞回が決まったと思います。すごく素敵なことですよね。


この記事の画像(全10枚)



  • 【奥森皐月×QJWeb サイン入りチェキプレゼント】フォロー&リツイートキャンペーン

    キャンペーンの応募期間、参加方法は以下をご覧ください。

    【応募期間】
    2022年4月11日(月)〜2022年4月25日(月)
    ーーーーーーーーーーー
    【ステップ1】
    ツイッターから『QJWeb クイック・ジャパン ウェブ』公式アカウント「@qj_web」をフォローしてください。
      ▼
    【ステップ2】
    『クイック・ジャパン ウェブ QJWeb』公式アカウントがキャンペーン告知をした以下の投稿を、応募期間中にリツイートしてください。

    ※必ずご自身のアカウントを“公開”にした状態でリツイートしてください。アカウントが非公開(鍵アカウント)の場合はご応募の対象になりませんのでご注意ください。
    ※「いいね」はご応募の対象になりませんのでご注意ください。
      ▼
    【応募完了!】
    締め切り後当選された方には、『QJWeb クイック・ジャパン ウェブ』公式アカウント「@qj_web」からDMにて、ご連絡差し上げます。フォローを外さず、DMを開放してお待ちください。
    当選の発表は、こちらのDMをもって代えさせていただきます。
    ※当落についてのお問い合わせは受けかねますので、ご了承ください。
    ※本景品は非売品です。譲渡・転売はご遠慮ください。
    ※チェキのパターンのご希望は承れません。
    ※いただいた個人情報は、本プレゼントキャンペーン以外の目的には使用しません。


この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

鈴木 梢

(すずき・こずえ)1989年、千葉県市川市生まれ。出版社や編集プロダクション勤務を経て2019年からフリーランスに。主に日本のエンタメ/カルチャー分野の企画・執筆・編集を行う。もちもちしたものが好き。

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。