見取り図の野望「バラエティの毛色を変えたい」「冠番組ばっかり持ちたい」けど、「一番は漫才」

2021.10.8
見取り図

文・編集=佐々木 笑 撮影=TOWA


9月30日、見取り図の全国ネット初冠番組『見取り図の間取り図ミステリー』が放送された。

3時間以上にもわたった収録の直後、見取り図に<冠番組とそのほかのテレビへの向き合い方>、この番組のきっかけともなった<コンビ名の由来について>、そして、今最もファンが気になっているであろう<漫才・『M-1』への想い>を聞いた。

昼夜問わず大忙しの彼らが、今一番向き合っていることとは──。

見取り図

人気絶頂の見取り図。冠番組オファーは相当数「来ている」

見取り図

──ついに全国ネットの冠番組。怒涛の冠ラッシュですね。

リリー いやいやいや。

盛山 そんなそんな。かまいたちさんに比べたら。

──かまいたちさんもすごいですが、見取り図さんも正直、今かなりの数の冠番組オファーが来ているのではないですか?

盛山 どうなんですか? マネージャー。

マネージャー いただいています。

盛山 おぉ(笑)。でもまあ、改編期ですし来てたらうれしいですね。

──さまざまなオファーが来るなか、どういった基準でお仕事を選ばれているんでしょう?

盛山 劇場は必ず。でも今は、テレビもインターネットもいろんなメディアをオールマイティーにですね。

──あまりNGは出していない?

リリー 僕は、難しい話題はNGですね。政治とかはわかんないから、そういうのに出ても叩かれるだけだと思いますし。

──ワイドショーのコメンテーターなどのお仕事?

盛山 やばいですよそれは。ちなみに僕、このあと『ワイドナショー』(フジテレビ)の収録行くんですよ……。『間取り図ミステリー』の収録中も、それ頭によぎってましたもん(笑)。もしかしたらダンマリ決め込むかもしれないです。

“見取り図”の前は、“リアル乳首ファイターズ”

見取り図

──この番組は読売テレビの「プラチナイト」という枠ですが、関西の方からすると聞きなじみはいかがでしょう?

盛山 正直あまりないんですよね。

──関東では、『笑神様』や『月曜から夜ふかし』、過去には『有吉の壁』だったりと、人気番組の枠という印象が強くあるんです。このまま人気が出れば、『有吉の壁』のようにゴールデンでレギュラー化ということも。

盛山 『見取り図の間取り図ミステリー』いけます?(笑)。でも、ゴールデンっぽくていいよな。間取り図は老若男女が興味ありますからね。

──この番組は、“見取り図”というコンビ名をつけていなければ生まれなかった企画だと思いますが、今までコンビ名から派生していったお仕事はありましたか?

リリー コンビ名からのは初めての仕事やな? 初めて“見取り図”にしてよかったと思いました。

──改めて、コンビ名の由来を教えてください。

盛山 NSCのときに毎回適当にコンビ名書いてたら、先生に「コロコロ変えるな」と怒られて、最後に書いてたのが“見取り図”だったんです。一日早く怒られていたら“リアル乳首ファイターズ”でした。

──(笑)。それはそれで、番組が来そうですね。

リリー なんの番組が来るんですか?(笑)

盛山 “リアル乳首ファイターズ”で来る番組、ろくな番組じゃないでしょ(笑)。適当に考え過ぎて、“床”とか“エテ公”とかのときもありました。最後の“見取り図”は確かリリーが出したよな?

リリー ほんまに響きだけで書きましたね。

見取り図

目標は、冠番組ばっかり持つこと


この記事の画像(全13枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

佐々木 笑

(ささき・えみ)1996年生まれ。宝島社ムック局編集部のち、フリーランスの編集者・ライター。笑と書いてエミ読みます。本名通りお笑い大好き人間に育ちました。『フワちゃん完全攻略本』『#麒麟川島のタグ大喜利』『KOUGU維新 公式本で、イザ参ラン!』(すべて宝島社)など。アイコンは川島さんに描いていただ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太