見取り図・盛山『M-1』初出場時のせり上がりで相方に無視された裏話を明かす(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】かが屋が涙の復活、爆笑・太田は「俺が見た中で一番いいコンビ!」


『ゴッドタン』

マヂカルラブリー、見取り図、かが屋で「コンビ愛確かめ選手権」。

「コンビ愛とかじゃない。BL」(村上)、「イチャラブ系コンビ」(野田)と、嘘ぶくマヂラブに「教えてよ、イチャラブの話」とおぎやはぎ矢作が聞くと「掘らなくていい」とうまいことを言うひとり。

それに被せ「Bまではやった」(盛山)、「掘られてます」(リリー)と見取り図。「去年1年くらい賀屋のヒモとして家にいた」と加賀が言うと、劇団ひとり「なんか掘るくだりとかない?(笑)」。

相方が答えたアンケートの回答を予想して答える「相方アンケートテスト」の「コンビで一番熱くなった瞬間は?」では、村上、盛山は共に相方の回答を「M-1初出場の時のせり上がり」と予想。

「ふたりで熱くなって『クチャクチャにしてやろうぜ』『地下芸人に届けようぜ』」と言ったという村上、野田もこのときのことを「『100か0かいったろうぜ』って。100‐0でって言ってるときって、まったく0のこと考えてない(笑)」と回想。

盛山は「相方の背中ポンポン叩いて『おい、M-1やなぁ』って。で、相方無視してきた」と笑う。ちなみに2回目のM-1の際は「俺らがやってきた漫才をやるだけや」だったと。やはりどの芸人も『M-1』のせり上がりの瞬間には熱いドラマがある。なお、野田、リリーとも別の場面を回答し不正解。

賀屋は「加賀の自宅でのネタ合わせでアドリブでネタができ上がった瞬間」と予想するもこちらも不正解。加賀が「これを言ってほしかった」という場面は、賀屋が当時付き合っていた彼女がライブを観に来てくれたときのこと。

全然うまくいかず、終わったあとに彼女が加賀に向かって「組む相手間違えたんじゃない?」と言ったそう。「そしたら賀屋が僕の前にパッと立って『まぁまぁでもこれからだから。今日来てくれてありがとね』って言って帰したんですけど、彼女を見送ったあとに振り返ったらツーって泣いてて、そのまま劇場の壁に拳を突きつけて『間違ってねぇよ!』って泣いてたんです。僕もそれ見て泣いて『絶対売れような』って」と激熱エピソードを披露。やっぱりかが屋は「少年マンガ」感がスゴい。

「相方のここだけは許せないことは?」に賀屋は「R-1決勝のネタ」と予想。このネタはコンビのネタであり加賀が考えたネタ。まわりが「ひとりで考えられるのすごいね」と言ってくれたのに対して「うん」と答えてしまっていたと。

それに対し加賀も「引っかかってはいた」と言う。けれど『R-1』の数カ月後、そのギャラが加賀にも振り込まれていたという。ちなみに加賀の答えは「口の汚れをTシャツで拭くところ」。

『ツギクル芸人グランプリ』

賞レースの司会に爆笑問題というのがまず新鮮でワクワクする。審査員には、共に『GAHAHAキング』王者のますだおかだ増田や『ラ・ママ新人コント大会』で、ずっと爆笑問題を起用しつづけていた渡辺正行がいるのも熱い。

各局のプロデュサーが審査員として参加しているのがこの大会の大きな特徴。けれど、大激戦でA、Bブロック共に局員5人の票を集めた芸人ではなく、それ以外の審査員からの票を集めたダニエルズ、Yes!アキトが決勝進出(ちなみに局員票だけだとAブロックはゼンモンキー、ママタルトが2票ずつ、Bブロックはモシモシが3票でトップ)。

そんななか、Cブロックに登場した金の国が全体的にレベルの高かった中でもずば抜けていた。

1本目のネタはオーディション。「コンビニに来た嫌な客」というフリップ芸のネタをするのだが、その「嫌な客」が明らかにネタを審査しているディレクターという設定。「設定新しいでしょ。3分のネタなんであの設定だけで突っ走ってもいいところを最後に展開つけて短くオトしたのがさらにすごい」と増田が絶賛するようにひとりを除き9人が金の国を支持。

決勝ではまったく違うキャラクターを演じ、その演技力の高さも証明する圧巻の内容。文句なしの優勝だった。今年の『キングオブコント』でも見たかった逸材。予選どんなネタをしたかわからないが、決勝進出していないのが信じられないくらい。来年は必ず上がってきそう。


明日観たい番組: 『さまぁ~ず論』 にサンドウィッチマンなど

『お笑いオムニバスGP』(フジ)「爆速ショートネタ祭り」「合いの手ツッコミGP」。

『ワルイコあつまれ』(Eテレ)第2回。「子ども記者会見」「好きの取調室」「おとなのダンス音楽」。

『激レアさん』(テレ朝)「最強の男を目指していたのになぜか芸人になり、芸人界最強になった男」「そのイメージとは裏腹に超わがままな父・相田みつをに振り回されて育った息子」。

『しくじり先生』(テレ朝)に、野口健。

『ソウドリ』(TBS)「シーズン4・決勝戦」男性ブランコvsなすなかにしvs学天即vsまんぷくユナイテッド。

『さまぁ~ず論』(テレ朝)に、サンドウィッチマン。

『トゲアリトゲナシトゲトゲ』(テレ朝)「福田にキスをプレゼントする夜」。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太