岡崎体育×岸田繁「東京へ引っ越したらヤバい」音楽は生活圏から生まれる

2020.1.17


音楽スタイルにおける、土地に根を下ろす大切さ

――「ワニさんも仲間に入れてあげて」という歌詞とか、確かにそうですよね。

岸田 ほらTwitterで目立ちたがり屋がとる行動を自分でネタにしながらプロモーションをしてるやんか。でもさ今日の話を聞いてても思うけど、大久保駅前からの視点からブレてない。だから、東京に引っ越したらヤバイで。絶対、地元からやったほうがええと思う。呪いかけといた今(笑)。

――東京に引っ越さないほうがいいですか?

岸田 絶対いい。そう言うて俺も東京出たけど。でも、俺は東京に引っ越したかった。まぁ、体育君は東京に行ったら行ったでね、そっからの目線で、また新しい音楽活動をやりはると思うけど。だけど、あんなんをあの場所からできるんやもん。すごいことですよ。

体育 全然、大久保からでもできるんでね。

岸田 それをやってる人は少ないから。その感覚が一番前をぶっちぎりで走ってる感じがする。

体育 ありがとうございます。僕が一番リスペクトしてる先輩で奈良にLOSTAGEっていうバンドがいて、メジャーデビューした時も上京しなかったし、今もボーカルの五味さんは奈良でレコード屋を開いて、それで生計を立ててるんですよ。かっこいいですし、だから地方発信に違和感がなかったんです。

岸田 自分の音源の流通も自分の店だけにしたし、そういうのは大事やんね。

体育 岸田さんが東京に行きたかったのは、どういう気持ちだったんですか?

岸田 今と違って当時、北区は何もない田舎やった。ずっと学生バンドでやってたけど、食えなかったし。デビューが決まって、今までの俺をすべて捨てて、代官山に行ってみたいとか、吉祥寺に行ってみたいとか、そういう気持ちが勝ったんかな。憧れの気持ちが強かった。その時は京都でまったく根を下ろせてなかった。地方でやるのがかっこええとかは人それぞれやと思うけど。

一番かっこええことは、やっぱ音楽がブレへんこと。確固たる音楽スタイルは、自分らの生活圏で生活をしてないと作れない。それを守ることが音楽のかっこよさに繋がっていることに、そろそろ市井の人たちが気付きはじめると思う。そういう音楽を体育君はやってる。

岡崎体育(おかざき・たいいく)
京都府宇治市出身の男性ソロプロジェクト。2016年5月発売のアルバム『BASIN TECHNO』でメジャーデビュー。同アルバム収録の「MUSIC VIDEO」は、『第20回文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門新人賞を受賞。現在までにリリースしたオリジナルアルバム3枚はすべてオリコンTOP10を記録。CMやドラマ出演などマルチな活動を行いながら2019年6月9日(日)に、<さいたまスーパーアリーナ>でのワンマン公演を開催。SSA史上初となる、1人vs18000人のコンサートを大成功裡に収めた。

岸田繁(きしだ・しげる)
1976年4月27日、京都市出身。作曲家。立命館大学在学中にロックバンド「くるり」を結成し、1998年にメジャーデビュー。2016年からは京都精華大学ポピュラーカルチャー学部で特任准教授を務める。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

鈴木淳史

(すずき・あつし)1978年生まれ。兵庫県芦屋市在住。 雑誌ライター・インタビュアー。 ABCラジオ『よなよな・・・なにわ筋カルチャーBOYZ』(毎週木曜夜10時~深夜1時生放送)パーソナリティー兼構成担当。雑誌『Quick Japan』初掲載は、2004年3月発売号の笑い飯インタビュー記事。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太